川嶋辰彦の入院先病院は中央区のどこ?病状や退院日が気になる!転院の可能性は?

話題の人物

秋篠宮家紀子さまのお父様である、川嶋辰彦さんが東京都中央区の病院に緊急入院しています。

 

入院先はどこなのかや、病状や退院日情報と転院の可能性はあるのかなどが気になる方は多いのではないでしょうか。

 

東京大学卒業後、経済学の分野で活躍されている方で、国土交通省の専門委員などもされていた方で、とてもやさしい人物なんですね。

 

私は、このニュースを聞くまで紀子さまのお父さんの事はあまり気にしていませんでしたが、今は心配ですね><

 

紀子さまを始め眞子様や佳子さまもお見舞いに行かれたとか。

 

 

今回は、川嶋辰彦さんの入院先病院は中央区のどこなのかや、病状・退院日についてや転院の可能性などについて紹介していきます。

スポンサーリンク


川嶋辰彦の入院先病院は中央区のどこ?

川嶋辰彦さんの、入院先病院は中央区のどこなのか調査しました。

 

2021年10月19日に緊急入院が報じられました。

眞子様は結婚報告のための宮中三殿の参拝のあった日、紀子さまもオンラインで公務中の日だったようで、宮家の人々にとっても急な知らせだったでしょう。

 

ニュースでは、中央区の入院先病院に搬送され、集中治療室で治療を受けていると報じられていました。

 

東京都中央区には、皇室やセレブの御用達の医療施設があるので川嶋辰彦さんはお金持ちが行くどこかの病院に入院しているでしょうね。

 

上皇様が心臓の手術をされたのは、東大病院でしたね。

 

以前は宮内庁病院が主だったようですが宮内庁病院が東大出身医師が多かったことで東大と縁が深く、東大病院が院内に特別室を作ったことで皇室御用達になったと言われています。

 

 

その他にも、日本には伝統や格式を踏まえて御三家と言われる病院があるのをご存じでしょうか。

いずれも都内にある病院です

 

  1. 社会福祉法人恩賜財団母子愛育会、愛育病院
  2. 医療法人財団順和会、山王病院
  3. 一般財団法人聖路加財団、聖路加国際病院

 

この3つは御三家と言われていますが、どのような伝統があるのかお伝えします。

 

愛育病院は、昭和天皇が上皇様の出産を記念して設立した病院で、愛育会の総裁は秋篠宮家紀子さまです。

 

設立から現在に至るまで皇室と深いつながりがあるのが分かりますね。

山王病院は、山口百恵さんの出産などで話題となり、セレブ御用達のイメージが強い病院です。

 

 

聖路加国際病院は、長年医院長を務めた日野原重明さんが有名ですね。

 

1901年設立と歴史が古く、病院の設立には皇室からも資金が下賜されるなど皇室とも縁がある病院です。

 

聖路加国際病院は中央区にある医療施設です。

 

更に以下の2つを加えた5つが私立病院として有名です

  • 社会福祉法人、三井記念病院
  • 学校法人慶應義塾、慶應義塾大学病院

 

 

三井記念病院は三井財閥の寄付で作られ、現在も三井グループが支援していることから、経済界の要人御用達なんだとか。

 

慶応義塾大学病院は、私大医学部最高峰の偏差値を誇る慶應義塾大学が運営しています。

 

 

私は看護師をしていた経験があるのですが、看護学部受験の際に私大の看護学部の偏差値を見てみたら看護学部も慶應がトップでした。

 

ぶっちぎりトップの偏差値75とかです。

 

 

これらの有名病院は、診療科目も多い総合病院で、設備も良くプライバシー管理も徹底されたスタッフが揃っているのでかなり安心です。

 

川嶋辰彦さんも、まずはこれらの病院を候補にしたのでしょう。

川嶋辰彦の入院先の病院名は?

川嶋辰彦さんの、入院先の病院名を調査しました。

 

豊島区にお住いで、搬送先が中央区という事ですが、自宅から新宿や千代田区の病院でも良さそうです。

 

学習院大学も豊島区なので、大学で容体が急変して搬送されたとしても、近くに病院はあるでしょう。

 

そんな状況でも中央区の、どこかの病院に搬送されたという事は昔から信頼していたかかりつけ医者がいたのではないかと考えられます。

 

 

東京都中央区にある病院で有名なところは以下です

  • 聖路加国際病院
  • 国立がん研究センター

 

 

川嶋辰彦さんの年齢を考えると、循環器系の持病があってもおかしくないので循環器系の強いこの2つのどちらかに通院していた可能性があります。

 

高齢の方は特に、搬送の際にかかりつけ医が分かるとそこに優先して搬送依頼をかけるので、病院側もかかりつけ医として搬送を受けたのかもしれません。

 

プライバシーもあり病院名は明かされていませんが、このどちらかに入院している可能性が高いですね。

スポンサーリンク


川嶋辰彦の病状が気になる

川嶋辰彦さんの、病状を調査しました。

 

昔からの、持病があって入院したと話していると言われており意識はあるとのことです。

周囲と話も出来ているという事ですが、詳しい容体は不明です。

 

川嶋辰彦さんが81歳という年齢を考えると、一般的に考えられるのは循環器や脳神経系の疾患ですね><

 

 

私は手術室に勤めていましたが、手術室では季節によって患者の搬送が増えるものがありました。

 

例えば、春先なら交通外傷(五月病等での天国に旅立ちたい人も含みます。)や美容形成(新学期デビューを狙う未成年が増えます。)です。

 

夏は病名を問わず子供の搬送(事故や怪我、夏休み期間を利用しての手術など)があります。

 

そして、寒くなってくると増えるのが心臓と脳の手術です。

 

 

寒暖差が激しく、特に冷え込む季節になるとヒートショックなどで心筋梗塞や脳梗塞での搬送が増えます。

だいたい搬送されるのは高齢の方です。

 

川嶋辰彦さんの病状は、循環器科脳神経系の一時的な容体悪化で入院先病院にいると思います。

意識はあるという事ですから、病気ですが大事には至らなかったようで良かったです><

川嶋辰彦の入院先病院の退院日が気になる!

川嶋辰彦さんの、入院先病院の退院日を調査しました。

 

脳梗塞や心筋梗塞の場合、多くの病院では搬送されて治療(場合によっては手術)を受けた後、症状がおちつくまで約2週間は急性期治療が可能な病院での入院になります。

 

どちらの場合であっても、再発の可能性がありますしリハビリが必要な場合もあるので長めの入院期間が設定されています。

 

川嶋辰彦さんは、10月19日に入院されているようなので、少なくとも10月いっぱいはどこか別の医療施設に転院はせずに今の病院での治療になるでしょうね。

 

病状によっては退院日が前後することは考えられますが、短くすることはあまりないと思うので、11月3日頃の退院が目標でしょう。

 

川嶋辰彦さんの孫である眞子様の結婚が10月26日と言われており、日程について色々噂されています。

 

結婚式を挙げる予定もないそうですから、祖父の入院は心配でしょうが日程には変更はないのでしょうね><

 

もし結婚式があるのなら、それまでに一時退院できるところまで回復するくらいのことはやってのけそうです。

川嶋辰彦の入院先病院は中央区からどこかに転院の可能性は?

川嶋辰彦さんの、入院先病院は中央区からどこかに転院の可能性はあるのか紹介します。

 

症状や治療内容によりますが、脳梗塞や心筋梗塞では約2週間の急性期病院での治療後は、回復期の病院に転院するか自宅療養となります。

 

リハビリが必要な場合は、それに特化した回復期病院に転院するのが一般的です。

 

リハビリを通院で行うのであれば、自宅療養も可能性はあります。

 

 

回復期にと化した病院となると都内とは限らず、長期入院を見越して空気がキレイで静かな田舎の病院へ転院するなんてこともあります。

 

川嶋辰彦さんは、転院するとますますどこの病院になるのか特定は難しくなるでしょうね><

 

 

転院せずとも、自宅療養という手段があります。

だとしても、再発の危険性がある以上、同居する家族やサポートしてくれる人がいることが前提になると思います。

 

全ては川嶋辰彦さんの病状次第なので何とも言えませんが><

 

 

自宅療養で通院しながらオンラインと対面をうまく使い分けて仕事ができるのがベストでしょう。

きっと今退院後の生活に向けた対応がなされているのではと思います。

川嶋辰彦は持病がある?

川嶋辰彦さんは、持病があるのか紹介します。

 

関係者の話では持病で入院したと言われています。

そもそも80代という年齢を見れば、いくつも持病があるのはおかしいことではありません。

 

厚生労働省の統計でも、持病があると答えた割合は、2お代は2~3割ですが60歳以上では6割以上が持病があると答えています。

 

特に「高血圧」「腰痛」「高脂血症」などが多いです。

 

日本人の死因も1位の悪性新生物(ガン)を除けば、心臓、脳、呼吸器系の疾病によるものが多いですよね><

 

ですから、循環器や脳神経系の持病でかかりつけがあったとしても不思議ではありません。

 

 

私の90歳になる祖母も高血圧は若い頃から持っていて薬をいくつも飲んでいますし、高血圧が原因で心不全を引き起こすこともあります><

 

循環器系の持病があり悪化したというのが一番考えられる可能性でしょう。

 

【皇族の関連記事】

話題の人物

眞子さまの結婚式の日程はいつ?場所や子供を妊娠してるのか気になる【2021】

2021年10月23日

 

 

川嶋辰彦の入院先病院のまとめ

現在81歳という川嶋辰彦さん。

初孫である眞子様の結婚が間近に迫る中での緊急搬送でしたので、心配の声も多くあがっています。

 

入院先病院は、どこかは明かされていませんが東京都中央区の「聖路加国際病院・国立がん研究センター」などが可能性として高いでしょう。

 

 

容体が不明という事でより心配になりますが、公務を控えておられるという紀子さまはお見舞いに何度も訪れるのではないかと思います。

 

大事なく退院してくれるといいのですが、心配ですよね…

続報が出るか分かりませんが、今はまず回復に専念してもらいたいですね。

 

 

川嶋辰彦の入院先病院は中央区のどこ?病状や退院日が気になる!転院の可能性は?

についてまとめてみました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です