小池百合子都知事の入院先病院はどこ?病状や退院日は?入院理由が気になる!

話題の人物

小池百合子都知事が、東京都内の病院に過労で入院していますね><

 

入院先病院はどこなのかや、病状・退院日などが気になる方は多いのではないでしょうか。

 

テレビのニュースの時に、流れたテロップに「東京都の小池百合子都知事が過度の疲労により静養が必要になったため入院する」という速報が入りました。

 

通常勤務よりも大幅に増えた業務を日々こなしていた東京のトップがついに限界になってしまったと心配されている人も多いでしょう。

 

首都東京と言うだけあって、国との交渉や都政の立て直し東京オリンピックの諸変更などの公務を行っています。

 

目に見えるものでも相当ですが、見えないところでも多くの判断や議論を必要としている都知事ですが、毎日会見に臨むなど顔を見ない日はないくらいですね。

 

私は、過度の疲労で入院と言われても「そうなるだろうな」と思いました。

 

過労以外にも、病院で治療をすることになった原因について様々に報道されていますが、なんにせよ体に負担をかけすぎているのは事実だと思います。

 

2021年6月22日のワクチン関連の会議でもかすれた声で会議に参加するなど、体調不良の予兆と思われる様子もありました。

 

月末までの治療期間ということですが、政務から離れてできる限り回復していただくことを願っています。

 

今回は、小池百合子都知事氏の入院先病院はどこなのかや、病気の病状と退院日・入院理由などについてご紹介していきます。

スポンサーリンク


小池百合子都知事の入院先病院はどこ?

小池百合子都知事の、入院先病院はどこなのか調査しました。

 

公表されていませんが、政治関係者が入る医療施設は以下のところがあります

  • 山田真貴子内閣報道官(ステーキ接待で参考人招致前に入院→辞職)
  • 小泉進次郎環境大臣(虫垂炎で5日入院、1泊18万円の個室)
  • 吉川貴盛元農水大臣(秋田フーズとの現金授受問題中に入院→辞職)

 

ほとんどの政治家や芸能人は、大学病院などの大きなところの個室に入院することが多いでしょう。

 

私が以前勤めていた大学病院でも個室病棟だけが集まったフロアがありました。

 

大きな病院の上階は基本的に、病院関係者などの関係者が入院する部屋として作られていることが多いです^^

 

スタッフも個人情報保護が徹底されており、一般スタッフでは開錠出来ないシステムやカルテの保護などプライバシー保護にも力が入れられているところがほとんどです。

 

 

しっかりした、入院先の病院だと、一般スタッフはVIPが治療していることすら知らないままに退院していく徹底ぶり。

 

 

個室だとどうしても値段が張るし待遇がいいしスタッフも特別に対応するなど、で病床がひっ迫し医療従事者の不足が訴えられている中で優遇されているところばかりが目につきます。

 

 

小池百合子都知事のように静養するためには個室は必要でしょうし、軽症であればスタッフの手を煩わせることも少ないでしょうから、ベッドが一つ埋まる程度のことだと思います。

 

 

入院を通じて小池都知事が直に病院の様子を見て、感じることでの現状を本当に理解するでしょう。

 

 

入院中に公務はしないと思いますが、緊急で判断が必要になった際などに業務出来るようにネット環境などは整ったところに入院するでしょうね。

 

都庁に近いところにするのか、知事の自宅近くにするのかや、全然関係ないところにするのかなど、いずれにしても知事の入院に対してはプライバシー保護がしっかりされているでしょうし、退院して公務に復帰するまで待つしかないでしょう。

小池百合子都知事の入院先病院の治療内容が気になる

小池百合子都知事氏の、入院先病院の治療内容を調査しました。

 

報道では「検査入院」とされていましたね。

 

検査入院と言うと一般的なイメージは、全身検査するというものではないでしょうか。

 

多くの病院では採血やレントゲン、胃カメラ、CTなど人間ドックで行うような内容を詳細に行うものを呼ぶことが多いです。

 

身体の検査の結果でどこか悪いところがあれば入院中に治療しますし、大して悪いところがなくても静養ということで安静にして過ごすのではないかと思います。

 

小池百合子都知事氏は、疲労と季節の変わり目で体調不良が続いているのをしっかり治しきる、という程度の入院でしょう

 

 

ストレスやうつなどの治療を行う医療施設の多くは、専門家とのカウンセリングの他に体操やストレッチを取り入れたり、光を浴びて規則正しい生活を心がけるなどリラックスを促すプログラムが一般的だと言われています。

 

また自然を感じる環境に身を置く、美味しいものを食べるなど好きなことを行うことでのリフレッシュをプログラムに入れているところもあります。

 

 

短期間とはいえ仕事で徹夜や激務が続いている小池百合子都知事氏ですから、ひとまず規則正しく生活することで心身の疲労を回復することを優先するでしょう。

スポンサーリンク


小池百合子都知事の入院先病院の退院日が気になる!

小池百合子都知事氏の、入院先病院の退院日を調査しました。

 

報道では、2021年6月22日に「今週いっぱいの入院」とされていました。

入院理由は、プライベートなものと仕事のものがあると言われています。

 

 

多くの病院では週末退院は金曜か土曜の午前中でしょうから、予定通り退院するなら25日か26日になるのではないでしょうか

 

 

都庁が平日のみ出勤と考えると、入院先病院を金曜に退院して土日自宅で静養して月曜日から公務復帰、と言うのが小池百合子都知事氏としても一番休めるでしょう。

小池百合子の若い頃

 

 

入院中は多羅尾副知事が代理を務めますので、東京都庁のスタッフも全力で小池百合子都知事氏のサポート対応をしているでしょう。

 

 

病状が回復した後は、今後いつ休めるかわからない情勢を考えるとここでしっかり休んでおくことがオリンピックまでノンストップで働き続けるうでベストな選択だと思います。

小池百合子都知事の病気の病状が気になる!

小池百合子都知事氏の、病気の病状をご紹介します。

 

ストレスや不規則な生活習慣が原因の体調不良ではないかと思いますので、「不眠・入眠困難」、「食欲減退」、「倦怠感」などが主な症状でしょう

 

もしくは、これらが原因による免疫力の低下に伴う風邪も可能性も考えられます。

 

小池百合子都知事氏は、入院直前の会議で嗄声もありましたし、声の使い過ぎによるのどの不調もそこから風邪につながったりすることもあります。

 

大きな病気の症状はないものの、小さな違和感が多くある状態でしょうね。

小池百合子都知事の入院理由が気になる!

小池百合子都知事の、入院理由を調査しました。

 

「心労」の原因がいくつか推測されています。

 

一つ目は「関連の政務・公務の多忙さ」です><

 

人口も多く人の流れも激しく、どうしても感染者数が多くなることでやり玉にあげられる東京都で、中小企業を守るために都独自の補助金を作ったり、緊急事態宣言に関して国と繰り返し調整をしたりしています。

 

中止を求める声が多くなっている、東京五輪についても組織委員会や海外との調整をしたりで小池百合子都知事氏の仕事も大変です。

 

全てにおいて都知事が責任を取らないといけない立場の小池百合子都知事氏にとっては、自身の判断が都民の明日を左右することを考えると、どこか慎重にならざるを得ない部分もあるでしょう

 

入院理由の一つとして、都民の声や世論とのジレンマに悩まされることも多いこともあると思います。

 

大阪府の吉村知事も、一時期過労過ぎて府民から休めと言われていましたが、やはりトップの人間にはかなり過酷な1年となっていますね。

 

二つ目に言われているのは「ペットロス説」です。

小池百合子都知事氏は、「ソウちゃん」と言う名のヨークシャーテリアを飼っていたそうなのですが、その愛犬がなくなったと噂されています。

 

18歳くらいのメス犬なんだとか(*^^*)

 

犬の18歳は人に換算すると90歳くらいになるので、だいぶ高齢の犬だったのですね。

 

亡くなったとはっきり言われていないですが、もし愛犬がなくなったとしたら仕事が忙しすぎて最期に十分にそばにいてやれなかったと後悔してしまいそうな忙しさなのでしょう><

 

 

仕事の疲れを癒してくれる存在がいなくなったことで、過労が強く感じられるようになるなど、入院理由はペットロスによるどこか心身への影響があるのではないでしょうか。

 

そして、三つめは「テクノシステム疑獄説」です。

 

太陽光発電会社テクノシステムの融資詐欺事件で社長が再逮捕され起訴された事件ですが、その捜査が小池百合子都知事氏の金庫番と言われる人物にまで及ぶのではないかと言われています。

 

 

その金庫番と言われる人はテクノシステムの顧問のような存在で、資金の流れなどを把握していることから事情聴取がありそうなんだとか。

 

 

しかも逮捕された社長は、会社名義や個人名義で2013年に小池百合子都知事氏の政治団体に献金していたことも明らかになっており、マイナスイメージにつながる事態となると言われています。

 

 

四つ目は、7月に行われる「都議選対策説」です。

 

小池百合子都知事氏が率いる都民ファーストの会は4年前は圧勝でしたがその後は低迷し、次の都議選では大きく議席を失う可能性が高いと言われています。

 

そんな政党の応援について、「対策に集中したい」としていました。

 

都政の運営のために自民や公明を敵に回すこともできない中で、体調不良を応援入り出来ない理由として言い訳が立つと考えている関係者もいるのだとか。

 

 

小池百合子都知事氏は、仕事で1年以上神経をすり減らし続けていれば、大きな原因がなくても体調不良になってしまいやすい状況であったのでしょうね。

 

入院先の病院で、ゆっくり治療して元気な姿で復帰をして欲しいです。

小池百合子都知事は持病がある?

小池百合子都知事は、持病があるのかご紹介します。

 

今まで、大きな病気の報道はありませんでした。

 

昨年も1年間、対応でほぼ毎日会見で目にしていましたが、風邪やインフルエンザなどの病状を含め体調不良になっていた様子はありませんでした

 

 

小池百合子都知事氏の年齢を考えれは、高血圧や糖尿病など一般的な持病は考えられるでしょう。

 

それらもあまり噂されたこともないので、何も持病がないか内服など軽度な症状である可能性が大きいです。

 

選挙の時の演説やあいさつ回りを見ていると、とても元気でパワフルですから健康にも気を遣っているのでしょう。

 

【小池百合子の関連記事】

話題の人物

小池百合子はワクチン副反応で元気ない?病気or仮病説は嘘?入院先病院の復帰はいつ?

2021年6月29日

 

 

小池百合子都知事のまとめ

小池百合子都知事氏の入院先病院は、東京都内の大学病院とかで個室に療養する可能性が高いでしょう。

 

年齢が68歳なので、政治家としてはもっとお年寄りが多いのであまりが高齢なイメージはないのですが、一般企業だったらもう退職している年です。

 

そんな年齢になってから毎日こんなに政務がぎっちりあって休む暇もほとんどないとすれば、1年間耐えてきた疲労が徐々に蓄積して表れたのでしょう><

 

調整のために、仕事で徹夜を繰り返していたと言われているので入院理由は、いくつかありますが働きすぎということが一番大きいと思います。

 

テレビに映っていないときでもずっと変わらずに仕事に取り組んでいたようですし、街の人も病気について理解あるコメントが多く見られます。

 

東京オリンピックを最後に都知事を辞職するのではとも囁かれています。

タフネスの代名詞と言える頑張り屋の女性政治家ですが、どんな思惑があるにせよ仕事から離れてリフレッシュする時間が少しくらいあってもいいのではないかと思いました。

 

小池百合子都知事の入院先病院はどこ?病状や退院日は?入院理由が気になる!

についてまとめてみました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です