トランプ大統領の感染経路(感染ルート)や隔離プロセスとは!子供(バロン)は大丈夫?

ニュースを見る人

トランプ大統領が、2020年10月2日(金曜日)にアメリカで今流行りの病にかかってしまいました><

この病気は、高齢者になるほど重症化すると統計結果が出ているの心配ですね。

 

果たして、病気の感染経路(感染ルート)はどこからなのか、感染源が気になります。
トランプ大統領の他に、嫁(妻)のメラニア・トランプ夫人も病気にかかっていますので、子供のバロン君や身内家族は大丈夫なのでしょうか・・・

 

これから、強制的に隔離プロセス(他人との接触を完全に避けて症状を回復させる)に入るので、否が応でもソーシャルディスタンスを取らざるを得ないでしょう。

 

今回は、ドナルド・トランプ大統領の今流行りの病の感染経路(感染ルート)や隔離プロセスとは何なのかと、子供(バロン)は大丈夫なのかどうかについてご紹介していきます。

スポンサーリンク


トランプ大統領の感染経路(感染ルート)とは

トランプ大統領の、病気の感染経路(感染ルート)とは何なのでしょうか調査しました。

やはり、怪しいのは9月29日の「大統領候補討論会」でしょう。

 

そして、実は、ドナルドトランプ大統領の側近でホープ・ヒックス元広報部長が、トランプ大統領と一緒に大統領専用旅客機に同乗してアメリカ・オハイオ州まで移動しています。

ですから、感染経路(感染ルート)としては、大統領専用飛行機内でこの時すでにどちらかが、この未知の病気にかかっていたものと思われます。

 

そして、トランプ大統領と、この側近はスタッフからマスクを着用するように指示されているのですが、2人は従わずマスクを付けなかった事が原因の一つでしょう。

 

しかし、通常は例の検査を行っていれば2週間後に発覚する流れになっていますから、感染ルートはその前のどこか別の場所が感染源になっている可能性も高いですね。

 

また、トランプ大統領の病気の感染経路(感染ルート)がわかり次第、追記していきます^^

トランプ大統領の感染経路(感染ルート)は子供(バロン)から?

トランプ大統領の感染経路(感染ルート)は、子供(バロン)からなのか調査しました。

メラニア夫人や側近の方まで、発症しているという事ですので、家族や息子は大丈夫なのか心配ですよね><

 

トランプ大統領には、バロン君と言う息子さんがいます。
もしかしたら、流行りの病の感染経路(感染ルート)は子どもからうつってしまった恐れもあるのではないでしょうか。

 

大人よりも、お子様の方が免疫力や抵抗力が低いので、やっぱりリスクは高くなると思います。
現在、トランプ大統領は病院で「隔離プロセス」を受けていますので、退院時期はかなり先になるかもしれません><

 

アメリカでは、次期大統領選挙が控えていますが、ドナルド・トランプ氏が病にかかったと言う事で、世界的に株価や世界情勢に多大な影響がでるでしょう。

 

そして、子供のバロン君を含め、家族まで病気になってしまったら、一国家を支えているトランプ大統領の面目にも影響するので、何としてでも避けたいところですよね。

 

ですが、子供のバロン君や身内家族の健康管理や衛生管理は、米国のトップに君臨しているので、めちゃくちゃ厳重にチェックしているでしょうし、ソーシャルディスタンス・手洗いやウガイ、消毒などを徹底させているでしょう。

 

なので、トランプ大統領の感染経路(感染ルート)は息子のバロン君からとは考えられないと思います。

スポンサーリンク


トランプ大統領の感染源とは

トランプ大統領の、感染源とはどこなのでしょうか調査してみました。

ずっと、ホワイトハウスに居たり、自宅との往復だけでしたらすぐに原因は特定できるでしょう。

 

ですが、プライベート飛行機や大統領専用機に搭乗して、アメリカの色々な州に仕事で行っていますから感染経路(感染ルート)や感染源がどこなのかは、かなり広範囲になります><

 

でも、明らかに言えることは、トランプ大統領はマスクを着用する事がキライですから、流行りの病や風邪などの病気にかかりやすかったと言えるでしょう。

 

そして、感染源は人からうつった事は間違いないと思いますから、後は、誰からなのかトランプ大統領ほど頭が良い人間は絶対に特定しようとするかもしれませんよね(笑)

 

これが、家族や子供のバロン君から被害を受けたとしたら、当分の間、トランプ大統領は接触を避けなければいけないのでちょっと可哀想な気もしますが。

 

また、トランプ大統領の感染源の情報が入ったら追記したいと思います^^

トランプ大統領の子供(バロン)は大丈夫?

トランプ大統領の、子供(バロン)は大丈夫なのでしょうか調査しました。

息子のバロン君は、現在14歳でイケメンハンサムボーイです^^

 

身長は、父親のドナルド・トランプ氏が190cm台ですが、バロン君はなんと2m近くもあり、すでにトランプ大統領を追い越しているのです( ゚д゚)ハッ!

 

なので、ソーシャルディスタンスを取りながら、例えば、トランプ大統領とバロン君が会話をする事があったら、トランプ氏が若干、上を向いて話さなければ目線が合わない感じでしょうか。

 

もしかしたら、子どものバロン君の飛沫が飛んでしまって父親の顔にかかってしまったという状況もありえそうです。

でも、先程、お伝えしたように健康管理や衛生管理はしっかりやっているでしょうから、トランプ大統領の感染経路が家族からなのは無いのかなと思います。

 

現在、バロン君まで流行りの病を発症しているという情報はありませんでした。

トランプ大統領の隔離プロセスとは!

トランプ大統領の隔離プロセスとは何のかご紹介します。

隔離プロセスは、病院で完全除菌・密室の部屋で他人との接触を一切避けながら病気を回復させる為の行動をすることです。

 

なので、今後、高齢であるドナルド・トランプ大統領の具合(容態)が急変したり重症化したら、ICU(集中治療室)に入る可能性もあるでしょう。

 

このように、誰しもが病気にかかってしまう恐れがあるので、やはり、「しっかり高性能マスクを着用したり、マスク取り替えパッドやハッカ油」などが、リスクを減らすにはとてもおすすめです^^

 

【マスクの関連記事】

ニューバランスマスクの通販購入方法!楽天・Amazonや日本販売はある?

2020.10.01

ハンターマスク(逃走中)の通販購入方法!値段(価格)や種類まとめ!売ってる穴場はどこ?

2020.09.05

 

 

トランプ大統領の感染経路(感染ルート)のまとめ

現在、トランプ大統領の流行りの病の感染経路(感染ルート)は、9月29日の「大統領候補討論会」に出席する際に同行した側近の人が一緒に、大統領専用飛行機に同乗していて病気になっているので、その時会話してうつってしまった可能性もあるでしょう。

 

子どものバロン君の健康状態は、特に悪いとは報じられていませんでした。

 

トランプ大統領の感染経路(感染ルート)や隔離プロセスとは!子供(バロン)は大丈夫?

についてまとめてみました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です