クレベルコイケの戦績・強さがヤバい!強い評判や世界ランキングが気になる!

話題の人物

クレベルコイケ選手は、男性柔術家・総合格闘家として有名なファイターです(*^^*)

 

戦績・強さや世界ランキングなどが気になる方は、多いのではないでしょうか。

 

14歳で来日してブラジリアン柔術をはじめ、ボンサイ柔術で多くの大会で入賞するなど才能を発揮している選手です。

 

2010年に全日本柔術選手権、2012年にヨーロッパ選手権で優勝しています。

Rizin28で朝倉未来選手と対戦しますので、見事勝利を収めたら一躍時の人としてさらに脚光を浴びるでしょう。

 

今回は、クレベルコイケ選手の戦績と強さがヤバい事や、強い評判や世界ランキングなどについてご紹介します。

スポンサーリンク


クレベルコイケの戦績がヤバい!

クレベルコイケ選手の、戦績がヤバいのでご紹介します。

 

14歳の時に、ブラジルから日本に来日して出稼ぎ目的の為に柔術を始めているので、キャリアは約20年間近くあるので格闘技経験が豊富な強いファイターです^^

 

【クレベルコイケのwikiプロフ

  • 名前:クレベルコイケ
  • 本名:クレベル・コイケ
  • 生年月日:1989年10月16日
  • 年齢:32歳
  • 出身地:ブラジル・サンパウロ州サンパウロ

 

  • 身長:178cm
  • 体重:66kg
  • 星座:てんびん座
  • 血液型:不明
  • 所属:ボンサイ柔術
  • 趣味・特技:格闘技

 

リーチは身長越えの179cmという腕の長さで、フェザー級の選手です。

クレベルコイケ選手の戦績は、「33戦中27勝5敗1分け」でとても強いことがわかります

 

勝利の内訳はKO2回、一本23回、判定2回となっています。

 

5敗の内訳は「1本負けが1回・判定負けが3回・反則負けが1回」です。

 

総合格闘技デビューは2008年9月で、和田まさき選手との試合に19歳で初戦を勝利で飾り、そこから3試合連続で一本勝ちを収めています。

 

2015年にはフェザー級のGPに参戦し、芦田崇宏選手やミゲール・トーレス(元WEC世界バンタム級王者)選手らを一本で負かし王者になります(*^^*)

 

一本勝ちは柔術で磨いた寝技が光る勝利だと言われており、寝技による一本勝ちの量産が目立ちます。

 

2017年5月のKSWでは、フェザー級タイトルマッチでマルチン・ロゼクに判定勝利しクレベルコイケ選手は第3代KSWフェザー級王者になりました。

 

ヨーロッパのメジャー総合格闘技の試合ですので、このKSWの勝利や戦績の凄さから世界レベルの選手と呼ばれるようになっています^^

 

Rizin27でも摩嶋選手との試合で、2R1本で勝利していますのでハードパンチャーとしての強さを証明しました。

クレベルコイケのUFC戦績!

クレベルコイケ選手の、UFC戦績をご紹介します。

 

UFCはアメリカの総合格闘技団体です。

今はWECに統合されていますね^^

 

クレベルコイケ選手が、所属している団体ではないので世界ランキングには出てきません><

 

ですが、寝技だけではなく打撃も得意でオールラウンダーな格闘家なのでルールが異なる異種格闘技戦でもめちゃくちゃ強いでしょう。

 

UFCは、日本で言う「Rizin・PRIDE」と言った総合格闘技と同じ試合形式になっていて、立ち技とグラウンドでの攻防戦が繰り広げられます

クレベルコイケの若い頃

 

 

クレベルコイケ選手の戦績が凄いのは、他の格闘家達の耳にも入っているので簡単に勝てる相手ではないと思っているのは間違いないでしょう。

 

そして、クレベル・コイケ選手はUFCの選手と闘ってもベルトが獲れると言っています^^

 

実際に2015年のミゲル・トーレス選手との試合では、ブラボーチョークで一本勝ちを収めていますから有言実行はしていますよね。

スポンサーリンク


クレベルコイケの強さがヤバい!

クレベルコイケ選手の強さをご紹介します。

 

闘い方の特徴は、柔術を武器にサブミッション(相手の体を固定し続ける寝技)での1本勝ちを狙うスタイルが基本です。

 

リーチも長く、変則的なパンチや蹴りで翻弄することも得意です^^

 

また、クレベルコイケ選手は30戦以上の戦績があるにもかかわらず、KO負けは一度もありませんので強いですよね

 

得意とするブラジリアン柔術は護身術と格闘技の側面があり、寝技の組技が主体の格闘技です。

 

総合格闘技につながるブラジリアン柔術はバーリトゥードといい、着衣なしの何でもあり試合で、道着を着た柔術試合との違いを中心に技術を磨いていくものだと言われています^^

 

寝技での関節極めや頸動脈や軌道を締めることで堕とす、「フィニッシュ」と言われる戦い方がメインで、相手の抑え込みを躱して攻撃に転じる際の俊敏性や柔軟性が際立ちます。

 

大本のブラジリアン柔術には打撃がないので、寝技が中心となる柔術では試合時間がある程度長くなる傾向があるため、持久力が必要になり体力があると言われています。

 

また、ブラジリアン柔術では技の種類も多く、相手のバランスを崩して攻守を入れ替えるなど技の読みあいが必要で、「体を使ったチェス」と言われるほどに想像力と空間認識力が必要です。

 

これらを極めているクレベルコイケ選手は、かなりの強さでしょう。

 

グレイシー柔術が、ヒクソン・グレイシーの登場によって注目を浴びたように、ブラジリアン柔術はこのクレベル・コイケ選手が朝倉選手を破ったらめちゃくちゃ脚光を浴びると思います^^

 

朝倉未来選手も、クレベルコイケ選手もお互いに自分の実力が全力で発揮できる奴と試合をしたいと思っているでしょうから、どちらも「相手にとって不足なし!」でしょうね^^

クレベルコイケと朝倉未来の戦績を比較でどっちが強い?

クレベルコイケ選手と、朝倉未来選手の戦績を比較して、どっちが強いのか予想しました。

 

朝倉選手は、圧倒的な打撃力と対戦相手の観察・分析から有利な戦況を導く打撃系頭脳ファイターと言われており、寝技での攻撃はほとんどありません。

 

寝技を極めたアブダビコンバットの日本代表経験がある岩本健汰選手と、マンツーマンで練習を積んでおり、フィジカルトレーニングも追加して今回の試合に備えていると言われています。

 

 

そして、朝倉未来選手はRizin27の試合を観戦しており、クレベルコイケ選手の強さや戦績の凄さ、驚異のフィニッシュ率を認識しており危険な相手と認識しているんだとか

 

 

なかなか相手を褒めない朝倉選手が試合前の会見でクレベル選手のことを褒めたことでも、今回の試合を特別視していることが分かります。

 

一方でクレベル選手は、ベルトが欲しいと強く話しており、世間や格闘技界から強いと言われている相手が誰でも勝つのみと意気込みを話しています。

 

 

クレベル選手は各ラウンドで寝技を取れれば勝利も見えてくると言われています。

根本的な戦闘スタイルが違う二人ですので、勝利するとしても非常に僅差でしょう(*^^*)

 

勝率は二人とも80%越え、クレベルコイケ選手の一本勝ち決着率は約85%です。

 

一方、朝倉選手のKO勝ち決着率は約57%で、数字だけで見るとクレベル選手が有利にみえますね。

クレベルコイケの世界ランキングを調査!

クレベルコイケ選手の、世界ランキングを調査しました。

総合格闘技の世界ランキングは、「フェザー級52位」です。

 

最高位は2018年に25位だったと言われていますが、Rizin27の勝利でランクアップして52位です(*^^*)

 

「なんだ~トップ10にも入っていないから、そんなに強いわけではないのか」っと思いますよね(笑)

 

いやいや、クレベルコイケ選手は打撃&寝技どちらもスペシャリストな超万能タイプのファイターです。

普通は、パンチ・キックは得意だけど寝技はあまり・・・

 

という選手やその逆で、グランドテクニックがめちゃくちゃあるけど、打撃技は苦手な格闘家がほとんどではないでしょうか。

 

その点、クレベルコイケ選手は打撃・グランドどちらもイケるので実力の高さがわかります。

 

そして、世界ランキングは日本在住の外国人選手では最高位で、次に順位が高い日本人選手は斎藤選手の58位です。

クレベルコイケの強い評判を調査!

クレベルコイケ選手の、強い評判を調査しました。

 

今回がRizin3試合目となるクレベル選手ですが、ライジン参戦前は総合格闘技団体の「Deep・Heet」に数多く参戦しています

 

獲得タイトルは、「KSWフェザー級王者・ RebelFCフェザー級王者」などがあり、戦績が凄いのも納得です(*^^*)

 

今までの試合は寝技での勝利が中心でしたが、柔術以外も習得するため立ち技最強と言われるシュートボクシングにも出場しています。

 

 

2015年と2017年に試合に出場し、1勝1敗という戦績を残しています。

クレベルコイケ選手の、この戦績はTKOと判定負けでした><

 

強くなるために様々な、鍛錬を積み重ねる努力家な一面があるのですね(*^^*)

練習熱心で真面目な性格なので、世間の評判も良い選手です^^

 

名前も、日本人ぽいので私達には、何だか親しみがもてるファーストネームですよね。

 

国籍はブラジルなので、純日本人ではありませんがずっと住み続けているということは「和の心」を持っているのでしょう^^

 

クレベルコイケ選手が、日本で「ブラジリアン柔術ブーム」を巻き起こしてくれるかもしれませんね(*^^*)

 

【クレベルコイケの関連記事】

話題の人物

クレベルコイケに結婚した嫁(妻)や彼女は誰かいる?子供・家族構成が気になる!

2021年6月15日

 

クレベルコイケのまとめ

クレベルコイケ選手の戦績は、「33戦中27勝5敗1分け」で5度敗北している内容は「1本負け1回・判定負け3回・反則負け1回」です。

 

総合格闘技の世界ランキングは、「フェザー級52位」です。

2021年6月13日に朝倉未来選手との試合に望みます。

ボンサイ柔術の異端児と言われるクレベル選手と、ベルトは持ってないけど実力はチャンピオンと言われる頭脳派朝倉選手との対決に、どっちが強いのかファンの間では勝利予想が飛び交っています。

 

朝倉選手はKO勝利を狙う一方、クレベル選手は寝技で決めると意気込んでおり、東京ドームでの試合に注目が集まっています。

 

日本では徐々に強さが知られてきているクレベル選手と、知名度はぶっちぎりの朝倉選手の試合は東京ドーム戦ということもあり、観客の有無にかかわらず盛り上がる試合になることは確実でしょう。

 

クレベルコイケの戦績・強さがヤバい!強い評判や世界ランキングが気になる!

についてまとめてみました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です