浪花千栄子の夫(旦那)は渋谷天外!家族構成や子供が気になる!再婚は別れた後は?

ニュースを見る人

2020年秋に放送されたNHK連続テレビ小説「おちょやん」で、ヒロインのモデルとなったのは女優、浪花千栄子さんです♪

 

結婚した夫(旦那)は渋谷天外さんですが、家族構成や子供が気になる方も多いのではないでしょうか。
夫は松竹新喜劇を立ち上げ、役者、脚本家として活躍されています。

 

昭和の時代に許されていた、風習や暗黙のルールなども、令和の時代になって通用するものとしないものとあるので、「おちょやん」の朝ドラマの内容に衝撃を受けた人も多いでしょう。。

 

今回は、浪花千栄子さんの結婚した夫(旦那)の渋谷天外さんの情報や離婚についてと、家族構成・子供などについてご紹介していきます。

スポンサーリンク


浪花千栄子の夫(旦那)は渋谷天外!

https://twitter.com/machichimako/status/1337186204958089218?s=20

浪花千栄子さんの、夫(旦那)は渋谷天外(2代目)さんという方です。

ですので、元亭主という事になるわけなんですね。

 

渋谷天外というのは芸名で、元夫は「2代目・渋谷天外」です。
2代目は8歳のころから楽天会という劇団で役者として活躍していました。

 

子役時代を経て、16歳になった2代目は今後の進路のことで悩みます。
そんな2代目に、喜劇役者の曾我廼家十郎さんが脚本を書くことを渋谷天外さんにすすめます。

 

子供の頃から、積み重ねた学歴もないのに無理だと思いながらも、天外さんは言われた通り脚本を書き上げます^^

 

私も文章を書くので分かりますが、文章を書き上げるというのは大変です( ;∀;)
渋谷天外さんと違い小学校は卒業していますが、毎回苦悩しながら執筆しています(笑)

浪花千栄子さんの、家族構成の中で、勉強ができるタイプでもなかったので大人になってから、文字を書くという事の大切さに改めて気付かされました。

 

 

そして、結婚した夫(旦那)の2代目渋谷天外さんの初めての作品は「私は時計であります」は曾我廼家十郎さんの手により、上映されることになります。
これがきっかけで、脚本家、役者として生きていくことを決心します。

 

その後、松竹家庭劇を旗揚げしています。
昭和4年に「2代目・渋谷天外」を襲名し、その翌年に浪花千栄子さんが松竹家庭劇に入ります。

 

千栄子さんの奉公先だった「浪花料理」の近所に、岡島という芝居茶屋がありました。
芝居茶屋とは、芝居を見に来たお客さんに飲食の提供をするお食事処です^^
渋谷天外(2代目)さんはこの岡島に居候していて、千栄子さんとはもともと顔なじみでした。

 

 

2人はその後、同棲を経て結婚し、浪花千栄子さんの夫(旦那)に渋谷天外(2代目)さんがなりました。
しかし、その結婚生活をおだやかなものではありませんでした(+_+)

浪花千栄子は夫(旦那)の渋谷天外と離婚している

浪花千栄子さんは、夫(旦那)の渋谷天外(2代目)さんと離婚している事実があります。

松竹家庭劇に女優として配属された千栄子は岡島で同棲を始めます。

 

松竹家庭劇に入った当初、千栄子さんは渋谷天外さんのマネージャーのような仕事をしていました。
女性関係の多かった2代目のデートのスケジュールの管理や、時には女性のセッティングもしています。

松竹家庭劇の作品集

 

 

浪花千栄子さんは、渋谷天外さんが子供っぽい性格で女性関係が多いことを結婚前から理解していたんです。

千栄子さんは尽くすタイプの女性だったようなので、結婚したら夫(旦那)である渋谷天外(2代目)さんが変わってくれると思ったのでしょう。
その手の女性はダメな男性を好きになりがちな気がします><

 

「自分が変えてあげる!」みたいに思うんですよね。
私がそうです^^;

 

ちょっと、子どもっぽい一面がある渋谷天外さんとの結婚生活で、浪花千栄子さんは本当に苦労されています(+_+)
脚本家の妻がいい役をもらうと反感を買ってしまう可能性があるため、千栄子さんはみんなが嫌がる役を担当していました。

 

劇団の解散や、曾我廼家十吾さんと喧嘩をした渋谷天外(2代目)さんの退団で苦労されていました。
退団後は、新しい劇団を立ち上げた夫(旦那)に付き合い旅巡業しています。

 

浪花千栄子さんは、これだけ振り回されても夫に尽くしてきたのに、最後は若い女性と遊び離婚なんて人間不信になりそうですよね><

スポンサーリンク


浪花千栄子は夫(旦那)と別れた後は再婚してる?

浪花千栄子さんは、夫(旦那)の渋谷天外(2代目)さんと別れた後は再婚しているのか調査しました。

 

結論からいうと、再婚されていません。
さんざん尽くしてきた亭主に裏切られたら、結婚しようと思えないですよね。

 

この不倫に関しては、人を信用できなくなるレベルの話です(;’∀’)

というのも夫である渋谷天外(2代目)さんの不倫相手は、浪花千栄子さんの愛弟子であった九重京子さんという女性だったんです。
千栄子さんの、かわいがっていた弟子です。

 

ですので、夫(旦那)だけでなく、かわいがっていた弟子にも裏切られたんです。
しかも不倫発覚後、亭主は、家を出て戻らず直接話し合いをする機会もありませんでした><

 

極めつけは渋谷天外(2代目)さんが、「浪花千栄子とは離婚した」という内容を新聞で発表したことです!

 

「え?どういうこと?」、直接言えないから新聞で発表するという発想が怖いです。
トラウマになる出来事ですよね(+_+)

 

新聞事件の後、第三者を交えての話し合いも行われましたが渋谷天外さんは途中で逃走しました。
最終的には、浪花千栄子さんが身を引くかたちで離婚が成立します。

 

不倫されたこと、話し合いの途中で逃げたこと、それよりも千栄子さんの逆鱗に触れたのは渋谷天外(2代目)さんが京子さんに家を買ったことでした。

 

自分の子供の事や、家族構成など将来の事は一切考えなかったのでしょう><
自分はいくら尽くしても家を買ってもらえなかったのに、再婚して4カ月で家を買ったということに千栄子さんは激怒しました。
この出来事に関して、浪花千栄子さんは夫(旦那)に対して相当な恨みをもっていました。

 

あまりに許せなくて、自身が経営していた旅館の石に渋谷天外(2代目)さんの名前を彫り、毎日踏み続けたとさ囁かれています。

浪花千栄子の子供はいる?

浪花千栄子さんの子供はいるのかご紹介します。

浪花千栄子さんには、お子様はいませんでした。
血のつながった子どもはいませんが、生涯で2人の養子をとっています。

 

1人目は千栄子さんを裏切り俳優と駆け落ちしたので、詳細は不明です(;’∀’)
2人目の方は南口輝美さんという女性です

南口(なんこう)というのは千栄子さんの本名です。

 

浪花千栄子さんは女優として活躍しながら飲食店の経営にも力を入れ、事業家としても才能を発揮しました。
京都、天竜寺の敷地内で始めた旅館「竹生」は輝美さんと一緒に経営しており、千栄子さんの人生で一番平和な時期かもしれません。

 

血のつながりこそありませんが、千栄子さんが輝美さんをとても愛していたんだなと思うエピソードがあります。

 

66歳で、天国に行った浪花千栄子さんですが、輝美さんに自分が天国に召された時にしてほしいことを伝えていました。
それは自分が逝去したら、すぐに顔を力いっぱい衝撃を与えて欲しいというものです。

天国に召された方の顔に衝撃を与えてるなんて、そこだけ聞いたらヤバイですがこれにはキチンとした理由があります。

 

何度も、顔に衝撃を与えると肌がきれいに見える。
自分は女優だから、見苦しい顔を見せては失礼だ。

 

浪花千栄子さんは、本当に信頼していたからこそ、輝美さんにこの願いを託したんだと思います。
何度も人を信じ、そのたびに裏切られてきた浪花千栄子さんが最後に信じた養子の輝美さん。
  

血のつながりがないからこそ、本当の子供のように接していたし2人の間には強い絆があったのでしょうね。

浪花千栄子の家族構成が気になる!

浪花千栄子さんと、夫(旦那)の渋谷天外(2代目)さんの家族構成を調査しました。

浪花千栄子さんは明治40年11月19日に大阪府南河内郡東板持村で生まれました。
父親である南口卯太郎さんは養鶏業を営んでおり、大変貧しい家庭でした。

 

千栄子さんが4歳の頃、3歳下の弟を出産した時に病気になり母親は逝去しています。

父親が再婚して4人家族になりますが、再婚相手の女性に邪魔者扱いされた千栄子さん。
小学校に通うことも出来ず、祖母の家に預けられてしまいます。

 

そのうちに弟までもが祖母の家に預けられ、困った祖母は浪花千栄子さんを奉公に出してしまいます。

夫である渋谷天外さんは、明治39年6月7日に京都の祇園で生まれました。
父親は夫(旦那)だった「初代・渋谷天外(2代目)」です。

 

2代目が生後3カ月の時に母親は息子を置いて実家に帰り、なぜかお金持ちの男性と結婚してしまいます。

 

父親は母親と離婚し、祇園の仕立物屋で働く北村ウノさんと暮らします。
ウノさんとは渋谷天外(2代目)が、6歳になる頃まで一緒に生活をしており、その後は大阪のお茶屋さんで働く女将さんの元で暮らしました。

 

それぞれクセのある家族構成と生い立ちです(^_^;)

渋谷天外(2代目)さんの、治らない子供のような性格や女性好きな事など、浪花千栄子さんの家に対する執着はこういった生い立ちが関係しているのかもしれません。

浪花千栄子は、そもそもなぜ夫(旦那)から不倫されたのか!?

浪花千栄子さんは、そもそもなぜ夫(旦那)から不倫されたのか考察しました。

九重京子さんと不倫関係に発展した頃、渋谷天外(2代目)さんは千栄子さんとの関係で悩んでいました。

 

千栄子さんは尽くすタイプの女性で、夫にどれだけ振り回されても懸命にサポートしてきました。
理想の奥さんだと思いますが、2代目にとってはそれが重かったようです。

 

対して九重京子さんはわりと放任主義な女性です。
渋谷天外さんと結婚した際に、外で子供を作らないことと、お金で解決できない女性とは関係を持たないことを言い渡しました。
浮気することに関しては黙認していたのです。

 

 

浮気癖の治らない相手に、浮気はやめて!と言うよりもこのくらい割り切った方が案外うまくいくのかもしれません(^_^;)
渋谷天外(2代目)さんは尽くしてくれる女性より、子どものように、ある程度自由にさせてくれる女性の方が相性がよかったのでしょう。

 

 

だからといって、妻である浪花千栄子さんを裏切って不倫をし、その場から逃げたことを肯定はできませんよね。
ですので、裏切る前に話し合って離婚をすればよかったのではと思ってしまいました。

 

そこは脚本家であり役者である渋谷天外(2代目)さんですから、ウソのストーリーを作ればよかったのでは、と思いました。

 

ウソはよくないかもしれませんが、噓も方便という言葉もあります。
本当のことを言って傷つけてしまうなら、時には喜劇のようなストーリーを演じるのもやさしさかもしれません。

 

【おちょやんの関連記事】

浪花千栄子の若い頃の顔画像(写真)!死因が凄い?離婚歴があった!【おちょやん】

2020.11.25

 

浪花千栄子のまとめ

浪花千栄子さんの結婚した夫(旦那)の2代目渋谷天外さんは、筋金入りの女性好きで、多くの女性と関係を持っていました。
そんな亭主に振り回されても、尽くし続けたのは偉いですよね><

 

生まれてすぐに母に捨てられた2代目は、どこか子供っぽくて女性に対し、理想の母親像を求めていたのかもしれません。
生きるため、相手に嫌われないように懸命に働いてきた千栄子さんは、そのやり方でしか人間関係を築けなかったのでしょう。

 

2人の家族構成・生い立ちなどを知ると、それぞれの性格も納得できます。
まるで脚本があるかのような濃い人生だと思いました。

ドラマではどのように描かれるのか楽しみです(≧▽≦)

 

浪花千栄子の夫(旦那)は渋谷天外!家族構成や子供が気になる!再婚は別れた後は?

についてまとめてみました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です