24JAPANの1話あらすじ・ネタバレ!【クロエ役が24ジャパンで鍵を握る!?】

ドラマを觀る人

24JAPANの1話が放送されましたが、あらすじ・ネタバレ情報が気になりますよね(*^^*)

アメリカドラマ「24」と言えば、2001年の放送当時、眠い目をこすりながら一気見したという方も多いのではないでしょうか。

 

今回、あの「24」が「24JAPAN」として、現代の日本を舞台にリメイクし、テレビ朝日で金曜夜23時30分より2クールにわたり放送されます。

 

なんと日本版ジャック・バウアーを演じるのは唐沢寿明さん。
唐沢さんは、本家24を「何十回も見た」と言うほどの大ファンだったそうで、今回のドラマには熱い情熱を感じます(*^^*)

 

そして、クロエ役が、何か鍵を握っているのか気になる方も多いのではないでしょうか。

 

今回は、24JAPANの、1話のあらすじ・ネタバレなどについてご紹介していきます。

24ジャパンドラマの見逃し配信は、コチラのVODで無料サービスがありお得に視聴する事ができます♫

24JAPANの1話あらすじネタバレ!

24JAPANの、1話のあらすじネタバレをご紹介します。

アメリカドラマ「24」はアメリカ連邦機関のCTU(テロ対策ユニット)の捜査官ジャック・バウアーが、大統領を帰らぬ人にする計画の事件と戦うサスペンスドラマでした。

 

1日24時間の出来事を、全24話で描いていくという斬新な放送スタイルも当時話題になっていたので、観ていなくても印象に残っている方もおられるのではないでしょうか(*^^*)

 

そして、オリジナル版「24」1シーズンでは、「アメリカ初アフリカ系アメリカ人大統領」が誕生するまでの1日に起きた大統領を帰らぬ人にする計画とジャックの娘キムの誘拐事件という二つの大きな事件に、様々な人間関係の問題なども絡んできて、ワクワクドキドキハラハラきゃーのスリル満点の展開でした(>_<)

 

24JAPANの、1話のあらすじネタバレとしては、オリジナル版「24」をベースに、「日本人初の女性総理」が誕生するまでの24時間と設定が変更されています。

 

主人公である日本版ジャック・バウアーである獅童現馬(唐沢寿明)は、CTU(テロ対策)班長として、過去には「海外での邦人人質救出」や「テロ用化学兵器工場の爆破」などの任務にあたり、その冷静かつ大胆な仕事ぶりは、上司からも信頼が厚く一目置かれている存在です。

 

しかし、一方で、家庭では、仲の良い娘(桜田ひより)との親子関係を築けているものの、夫婦関係には「ある問題」を抱えており、ちょっと微妙な間柄……。

 

かつて、それが原因で獅童と妻六花(木村多江)は一時別居をしたこともあり、夫婦関係を再構築中です。

 

24JAPANの1話のあらすじネタバレでは、そんな中で、女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)を天国に逝かせる計画が発覚します。
獅童は、計画阻止の極秘任務にあたるのですが、さらに娘の誘拐事件も発生してしまうんです><

 

 

もちろん、これも計画と無関係ではなく、獅童も様々な形で翻弄されていくわけです。

 

また、計画のターゲットになっている朝倉麗の家庭でも、息子である夕太(今井悠貴)のある疑惑と娘である日奈(森マリア)の秘密が絡んだ大きな問題が発生していました。

 

大きな事件に絡む複雑な人間関係、もう、ここまでで呼吸が浅くなりますよね(笑)

 

果たして、日本初の女性総理は誕生するのか?ジャックの娘は無事なのか?

 

オリジナル版のスリルはそのままに、より面白い「24JAPAN」の1話あらすじとなっていきそうです(>_<)。

オリジナル放送から、今回の日本版の24ジャパンのリメイクは、約20年の月日が経過していますし、世の中の状況も当時とはだいぶ変わっていますよね。

 

この日本版「24」のネタバレは、2001年のオリジナル版から様変わりした最新テクノロジーと世界情勢も盛り込みながら、日本初のリアルタイムサスペンスが展開していきます。

 

オリジナル版からの20年と言う月日はどんな風に24をアレンジしていくのか、そこも気になる見どころでもあります。

 

「24 JAPAN」は、2クールと言う長丁場にもなりますし、他のキャスト人の顔ぶれも気になるところですよね。

 

他のキャスト陣を見ていても、主人公である獅童の妻役の木村多江さんについては、あらゆるドラマでがっちりとハマる女優さんですし、栗山千明さんなんて、言うことなしの実力派ですよね。

 

娘役の桜田ひよりさん、朝倉家長男役も今井悠貴さんもあらゆるドラマや映画に出ている今注目の俳優さんです。

 

仮面ライダー役の犬飼貴丈さんを筆頭に、村上弘明さん、出合正幸さん、柳美稀さんなど、日曜朝の特撮ヒーローヒロインが勢ぞろいしているところもチェックしたいところです。
見どころであるアクションも期待できそうな盤石な出演陣になりそうですね。

スポンサーリンク


24JAPANの1話予想・展開【クロエ役が24ジャパンで鍵を握る!?】

 

 

 

24JAPANの、1話の予想・展開をご紹介します。

オリジナル版では、大統領候補を帰らぬ人にしようとする集団とジャックとの戦いが、物語が進むにしたがって白熱していきました。

 

日本版ジャックの獅童の任務が「海外での邦人人質救出」と「テロ用の化学兵器工場の破壊」となっているのでこの辺も今後どう物語に絡んでくるのか、気になりますね(*^^*)

 

また、24JAPANの、オリジナル版があまりにも面白かったので、あのドキドキハラハラ感を再現できるのか?と心配する声もあります。

 

確かに、オリジナル版であったバイオレンスシーンや、迫力のシーンなど、24ジャパンの予想展開として1話からどれくらい再現されるのかなども気になるところです。

 

視聴者の反応で脚本が、ガンガン変わっていったというスピード感なども、日本版でどのくらい反映されていくのかそこも気になります。

 

 

「あまりにもオリジナルが偉大で、日本版リメイクを悪く言う者もいるが、私は日本の役者さんや技術屋さんたちの本気を信じている。FOXも共同制作だし、開局記念枠は予算多い。

そして主演は唐沢寿明だぞ。
白い巨塔観た?毎週ラストの急展開に頭抱えるのが楽しみだ。」

 

 

と、主人公のジャック・バウアーを唐沢寿明さんがどう演じていくのかは、特に注目されていますね(*^^*)

オリジナル版のジャック・バウワーは30代、24JAPAN唐沢さんは50代なので、年齢を心配する声もありますが、リメイク版の白い巨塔やグッドワイフなどにも出演し、その評価の高さは誰もが知る俳優さんです。

 

「TWENTY FOURの日本版リメイク『24JAPAN』、ジャック・バウアー枠に唐沢寿明が選ばれた理由だけは何となく分かる。」

という声も多いですね。

 

私もそう思います(*^▽^*)
ホームページにある拳銃構えたイメージなんて、ジャック・バウアーのイメージそのものでした。

 

唐沢寿明さん自身も、コメントでは、「今回は僕のキャリア史上、一番賛否あるんじゃない(笑)?」などと言いながらも、「とにかくまずは24ジャパンを観てください」とその意気込みも熱いようです。

 

「パラノーマルみたいなホームビデオ風の手ブレ映像の臨場感あるカメラワークもオリジナルの見どころだった。視聴者目線でテロリストの視線を避けるように繁みにカメラが身を隠すような撮り方をしたり。そこらへんにも注目」

 

確かにそうですよね。
息をのんで画面に食いいったあのシーン、思い出します。
オリジナル版が素晴らしかったからこそ、ファンは大きな期待を持っています。
演出もより手の込んだものになっていくのではと予想されますね( *´艸`)

 

オリジナル版があまりにもファンが多いために、あらゆる場面に注目が集まる「24JAPAN」です^^

 

日本版「24JAPAN」では、一話では、オリジナル版に従うと、恐らく、娘を誘拐事件に遭遇するところ、そして、大統領を天国に逝かせる計画発覚辺りまでを描かれるのではないでしょうか。

 

また、クロエ役の出演者がどんな鍵を握っているのかも見どころになるかもしれませんね。

日本版のオリジナリティや今後の伏線や見どころも多い一話となりそうです。

 

「24 JAPAN」は、2クールと言う長丁場にもなりますし、他のキャスト人の顔ぶれも気になるところですよね。

他のキャスト陣を見ていても、主人公である獅童の妻役の木村多江さんについては、あらゆるドラマでがっちりとハマる女優さんですし、栗山千明さんなんて、言うことなしの実力派ですよね。

 

娘役の桜田ひよりさん、朝倉家長男役も今井悠貴さんもあらゆるドラマや映画に出ている今注目の俳優さんです。

 

仮面ライダー役の犬飼貴丈さんを筆頭に、村上弘明さん、出合正幸さん、柳美稀さんなど、日曜朝の特撮ヒーローヒロインが勢ぞろいしているところも1話のあらすじネタバレとしてはチェックしたいところです。
見どころであるアクションも期待できそうな盤石な出演陣になりそうですね(*^^*)

 

本家ジャックバウアーVS獅童現馬(唐沢寿明)の演技力について

24Japanの1話あらすじネタバレで、獅童現馬(唐沢寿明)が武器がH&Kとリボルバーの2丁持ちにはちょっとビックリしました(笑)

初回は、ほとんどオリジナル版に寄せていた展開でしたね。

 

そして、気になるのが本家ジャックバウアーと獅童現馬(唐沢寿明)の演技力の比較なのですが、獅童現馬(唐沢寿明)の方が、何だか人格がしっかりしている感じがしました。

 

なので、本家ジャックバウアーよりも、他人の意見に耳を傾けてくれそうで、オリジナル版ほど冷酷非情ではないのかなと思います(笑)

朝倉麗(仲間由紀恵)の経歴

朝倉麗(仲間由紀恵)は、日本で初の女性内閣総理大臣候補という立場ですが、アメリカ黒人初のパーマ大統領をモデルにしていると言われています^^

 

まあ、日本では女性首相になりたい女性政治家の方は、何人かいましたが実現はしていませんし、かなりハードルが高い事だと思います。

 

なので、設定がムチャブリですよね(笑)

 

朝倉麗(仲間由紀恵)の政党名が民政党で、政治家としての経歴を持ちながら夫の朝倉遥平(筒井道隆)と結婚生活をしており子供もいます。

 

子どもは、娘の朝倉日奈(森マリア)・息子の朝倉夕太(今井悠貴)さんがいるファミリーで、家族にも支えられながら仕事と旦那の良き奥さん、子供達の良き母親として、日々、頑張っています。

 

ですが、長男の朝倉夕太(今井悠貴)は、母親の朝倉麗(仲間由紀恵)の凄すぎる経歴に嫉妬してなのか、「ある秘密」を胸の内側しまっているので、24Japanの1話ネタバレでは大丈夫でしたが、いつ爆発させるかハラハラドキドキです( ゚д゚)ハッ

スポンサーリンク


24JAPANの1話ネタバレ!

24JAPANの、1話ネタバレをご紹介します。

とうとう、放送日が来ましたね!
24JAPAN第一話、さっそく観ました!

 

1話では、日本初の女性総理誕生が期待されている当日深夜0時から1時間を描いていました。
1時間とは思えないほど事件が起こり、あちこちに伏線と謎がちりばめられた見どころの多い1話でしたね!
行きつく暇のないスピード感のある展開には、白熱してしまいました(>_<)

 

この24JAPANには、見どころが多くて語りつくせませんが、冒頭シーンに、「え?こんなシーンから始まるの?」と驚いた方も多いのではないでしょうか?

 

受話器で告げられる「残念ながら彼女は亡くなったわ」という言葉に、大きなショックを受け座り込む獅童(唐沢寿明)の姿が、とても印象的でした。

 

あの電話の人物が言ったセリフの「彼女」とは、誰のことを指すのか?
原作に照らし合わせると、それは「彼女」なのですが……。

このシーンは、物語は23時間後という設定です。
いったいこの間に、何があったの?と、想像が広がり、ググっとドラマに一気に引き込まれてしまいました。

 

そんな謎を含んだシーンから、父と娘の穏やかな団らんシーンに映り、仲睦まじい父である獅童と娘美有の関係が描かれます。

 

父を慕う娘役を桜田日和さんが愛らしく演じていましたね。
一方、母である六花(木村多江)との関係は獅童とは違い、口も利かない状態です。

 

家族で話し合おうと、美有の部屋のドアを叩くと、娘が家を抜け出していることが発覚し、その後すぐに、獅童に職場から緊急招集の連絡が入ります。

 

獅童が家を出る際、六花は行ってらっしゃいと見送りながらも、一つではない様々な感情をぐっとガマンして堪えているような表情でした。

 

コレは夫婦の間に何かある!と思ったのは私だけではないはずです。

 

その後、家を抜け出した美有も、父は半年前に天国に行っています。
と嘘をつきます。

 

その場しのぎの嘘にしては、半年前と具体的な時期を示していますよね。
複雑に絡み合った微妙な人間関係はどんな風に変化していくかというところも24Japanの1話ネタバレから要チェックですね。

 

そして、家を出た獅童が職場であるCTU(テロ対策ユニット)に行くと、日本初の女性総理大臣候補の朝倉麗(仲間由紀恵)のお掃除計画があることを告げられます。

 

さらに、獅童には同じCTU(テロ対策ユニット)の同僚たちの誰かがこのマル秘計画に関わっていることを、CTU東京本部長の郷中(村上弘明)にそれが誰なのかに探るよう命じられました。

 

この時の「状況がはっきりするまで、誰も信用するな」という24ジャパンの1話あらすじネタバレで、郷中のセリフは重いですね><
この後の物語の展開が一筋縄ではいかないことを示しているようです。

 

また、そのマル秘計画の当事者である朝倉麗の方でも、友人であるニュースキャスターからある情報がもたらされます。

 

それは、朝倉麗の息子である夕太(今井悠貴)についての情報です。
内容は詳しく明かされていませんが、ひどく取り乱した麗の様子から、深刻な内容であることが察せられますね。

 

その後、第一話は、とどめの追い打ちをかけるように、飛行機墜落事故の一報が入ってくるところで、次週に続きます。

 

この贅沢なハンバーガーのように一気に様々な出来事が積み重なってくる感じ!
現在進行形で同時多発的に出来事が絡み合い、原作24にかなり忠実にストーリーを展開させている気がします。

 

原作24と重なると言えば、役柄がトニー・アルメイダにあたる南条巧(池内博之)の完成度の高さです。
SNSでも話題になっていましたね。

 

もともと池内さんは目鼻立ちがはっきりしているので、ナイスキャスティングだと思います。
台詞の言い回しも、凄く雰囲気が出ていました。

 

キャスティングでいえば、24JAPANでは、獅童を取り巻く女性達も魅力的です(*^^*)

 

妻の六花役の木村多江さんは、あの柔らかな雰囲気で微妙な夫婦関係を演じています。
同僚である水石伊月役を演じる栗山千明さんは、思わず画面を見入ってしまうほど美しい(*´▽`*)
獅童とは何かただならぬ雰囲気ですが、一体何があったんでしょう。

 

そして、なんといっても謎の女を演じる片瀬那奈さんは、一体何を考えているかわからない役の感じにドキドキしてしまいます。
飄々とあんなことしてしまうなんて!ビックリですΣ(゚Д゚)

 

また、密かに気になっているのが、冒頭部分にでてきた栗原類さんです!
栗原類さんが演じるこの人物の存在は、10月9日放送時点では、公式HPのキャスト相関図には掲載されていません。

 

重要な情報を送信した人物のようですが、彼は今後どんな風に物語に関わっていくのでしょうね。

 

【24JAPANのあらすじ&ネタバレ全記事まとめ】

24JAPAN・あらすじ&唐沢寿明ほかキャスト一覧!【24ジャパン】

2020.09.15

 

24JAPANの1話のまとめ

24JAPANのドラマの見逃し配信は「ABEMATV(アベマテレビ)・TELESA(テラサ)のVODサービス」で視聴する事ができます(*^^*)

アベマTVは2週間、TELESAは1ヶ月間の無料期間がありますし、契約~解約もとても簡単です。

このVODサービスをもし、無料お試し視聴するなら、独占配信のドラマや動画などを是非ご覧になってはいかがでしょうか^^

 

ピッピッというあの時報の効果音、原作が放送されていた頃を思い出す方も多いのではないでしょうか?
セットやキャストなど原作再現度の高い24JAPANは、原作のファンだった方とっては特に感慨深いと思います。

また24を知らない方にも、あの怒涛の展開にハマってしまった人も多いでしょうね。

  1. 最初のシーン、あの電話の主は何者なのか
  2. 獅童の家族には何が起こったのか?何が起こっていくのか
  3. 内通者は誰なのか
  4. 片瀬那奈演じる謎の美女は何者なのか

 

など、たくさんある謎や伏線に思いを巡らせると、何だか続きが気になってしまって、見終わった後に原作版24が無性に観たくなってしまいます。
しかし、果たして原作通りに物語が進んでいくのでしょうか?
そこも気になるところですね。

24JAPAN、今後の展開に目が離せませんね(*´▽`*)

 

24JAPANの1話のあらすじ・ネタバレ!【クロエ役が24ジャパンで鍵を握る!?】

についてまとめてみました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です