伊藤兼子の若い頃の顔写真(画像)!生い立ちから生涯を紹介!渋沢千代と接点は?

話題の人物

伊藤兼子さんは、生い立ちから生涯が波瀾万丈な人生を送っています。

 

2021年の大河ドラマ「晴天を衝け」の、主人公である渋沢栄一さんの、二番目の奥さんなんですね^^

 

若い頃の顔写真(画像)や、渋沢千代と接点はあったのか気になる人も多いのではないでしょうか(*^^*)

 

女性でありながら、婿養子を迎えて家業を継ぎ切り盛りしている姿は、とてもカッコいいですよね^^

まだ、明治時代は、女性が何人もの男性と結婚歴があるという風潮は、恥とされていた時代です。

 

その中で、2度、結婚している彼女は、とても生命力が強く魅力的な女性であったのでしょうね^^

 

今回は、伊藤兼子さんの若い頃の顔写真(画像)や生い立ちから生涯についてと、渋沢千代さんと接点はあるのかなどについてご紹介していきます。

スポンサーリンク


伊藤兼子の若い頃の生い立ちをご紹介!

伊藤兼子さんの若い頃の生い立ち情報をご紹介します。

 

 

「江戸一の大富豪」と呼ばれた、豪商・伊藤八兵衛の元に次女として産まれました。

 

 

18歳の時に「婿養子」を迎え、父である伊藤八兵衛の後を継いでいます
ですが、家業が傾き破産してしまい家も没落したため、婿養子であった前夫とも別れました。

 

伊藤兼子さんは、12人兄弟がいましたが、家が没落したため路頭に迷ってしまい、若い頃はかなり困窮していたと言われています><

 

そんな兄弟たちを養うため、「芸姑になりたい」と口入れ屋のお世話になったと言い伝えがあります。

ですが伊藤兼子さんには、「妾になりたくない」という強い意思があったため、なかなか仕事に就けなかったとか。

 

その後に、渋沢栄一さんのお世話を紹介され、栄一さんの元に行き、1年後に再婚しています。

伊藤兼子さんの、若い頃の生い立ちは、なかなか順風満帆とはいかないところに、人生の無情さを感じますね(>_<)

伊藤兼子の生涯をご紹介!

伊藤兼子さんの、生涯をご紹介します。

 

伊藤兼子さんは、栄一さんと結婚後は、家の中を切り盛りしつつサポートをしていたと言われています^^

 

まずは、明治35年の若い頃に渋沢栄一さんと同伴して欧米に視察に行っています。

 

その後も、夫である栄一さんが団長となって、アメリカを訪問した時にも同行して、積極的にサポートします。

 

このことからも、教養や知識がかなりあった事がわかるので凄いですよね^^

 

伊藤兼子さんは他にも、鹿鳴館で行われていた慈善事業の一つである「バザー」にも協力しています。
おそらく仕事という面もあったのかもしれませんが、社交的で慈愛の深い面も持っていたのでしょう^^

 

渋沢栄一さんと再婚された後は、このように夫である栄一さんを生涯に渡ってしっかりサポートしています(*^^*)

 

栄一さんの功績は計り知れないものがありますが、この伊藤兼子さんのサポートがあってこそだったかもしれませんね^^

スポンサーリンク


伊藤兼子の若い頃の顔画像(写真)!

伊藤兼子さんの、若い頃の顔画像(写真)をご紹介します。

着物やドレスでの立ち姿の顔画像(写真)が残っているのですが、それを見ると「美しさ」だけではなく、「凛」としているという印象です(*^^*)

 

白黒写真で画質も荒いので細かい表情を見ることはできませんが、若い頃の立ち姿を見ただけでも「凛」としていると感じることができます^^

 

私が、一見した時に感じたのは「すごいしっかりした仕事のできるバリバリのキャリアウーマン」というイメージが思い浮かびました。

 

美しさだけではなく、しっかりとした教養と知識を持っているイメージです(*^^*)

 

渋沢栄一さんご自身もすごい功績がある人ですが、伊藤兼子さんというパートナーを得られたことも、栄一さんにとってプラスになったのでしょうね。

伊藤兼子の若い頃の顔画像(写真)は美人と可愛いどっち?

伊藤兼子さんの、若い頃の顔画像(写真)は美人と可愛いのどっちを言われていたのでしょうかご紹介します。

 

上記でも、伊藤兼子さんを「美しい」と評しましたが、美人と可愛いのどっちと言われたら、「美人」の方だと思います(*^^*)

 

美人と可愛いに、違いがあるのかと言われたら下記のようになります。

【美人と可愛いの違い】

  1. 可愛い…守りたくなるような人・チャーミング
  2. 美人…凛としている

 

ある意味、「美人や可愛い」は抽象的ではありますが、どちらをとっても「人目を惹きつける」という点では共通していると思います^^

 

街を歩いていると、思わず振り返って見てしまう人っていますよね(*^^*)
その時に「可愛いなあ」と感じた場合は、その人が振りまく笑顔かもしれません。

 

逆に、笑顔は浮かべてないけれど「つい見惚れてしまう」という場合は、誰がどう見ても美人と言われる人かもしれません。

 

人によっては、顔の造作ではなく「表情が豊かで朗らかな人」をチャーミングで可愛いという場合もあります。

 

上記でも、伊藤兼子さんの若い頃の顔画像(写真)を見て「凛とした立ち姿をしている美しい人」と紹介しました。

 

当時も「伊藤八兵衛の四人美人姉妹」と、美人として評判だったようですね(*^^*)

 

もしかしたら近しい人たちには、朗らかな笑顔を見せていたのだろうと思いますが、残されている顔画像(写真)を見ると、私はどうしても「美人だ」と思ってしまいます^^

 

伊藤兼子さんの、生い立ちから生涯は、想像を絶するくらいの苦労の連続だったと思います><

 

ですが、栄一さんと愛をしっかり育んでいますし、たくさんの子供にも恵まれているので総括すると良い人生を送ったのではないでしょうか^^

伊藤兼子は若い頃に離婚歴があった!

伊藤兼子さんは、若い頃に離婚歴がありました。

 

上記でもサラッとご紹介しましたが、伊藤兼子さんは過去に離婚歴があり、渋沢栄一さんとは再婚同士です。

伊藤兼子さんは、お父さんの後を継ぐために「婿養子」を貰っていました。

 

ですが実家が傾き破産し没落してしまった時に、お婿さんはさっさと自分の実家の方に戻ったと言われています。

「金の切れ目が、縁の切れ目」と昔から言われますが、それを体現されていますね。

 

この婿養子となっていた旦那さんとのエピソードは、あまりありませんでした。
もしかしたら伊藤兼子さんは、旦那さんを巻き込ませないために離婚したのかもしれません。

 

伊藤兼子さんは、若い頃に実家を継いだが失敗してしまった負い目と、兄弟も多かったため、路頭に迷わないように何とかしなければならないという責任感があったと思います。

 

婿養子である旦那さんに、それを背負わせることを、良しとしなかったのでしょうね。

 

その後、渋沢栄一さんと出会い、再婚して栄一さんをサポートしていますが、それは「実家のように倒産させない」という強い思いがあったのでしょう。

伊藤兼子と渋沢千代に接点はある?

伊藤兼子さんと、渋沢千代さんに面識や関係はあるのかご紹介します。

 

渋沢千代さんは、渋沢栄一さんのいとこであり最初の奥さんです。
千代さんのお母さんは、渋沢栄一さんのお父さんのお姉さんになります。

 

栄一さんは、若い頃に尾高千代さんのお兄さんが開いていた私塾に通い、そこで論語や漢籍を学び、その縁で渋沢栄一さんと千代さんは1858年に結婚されました。

 

その後、千代さんは、1882年に東京の自宅で帰らぬ人になっています。
死因は「コレラ」だと言われています><

 

伊藤兼子さんと、渋沢千代さんが一緒に写った顔画像(写真)面識はありません。
面識も無かったと言われています。

 

尾高千代さんが、帰らぬ人になった翌年の1883年に、渋沢栄一さんは伊藤兼子さんと再婚されています。

 

そのために千代さんが存命だった頃から、渋沢千代さんと伊藤兼子さんは面識があったのではという想像もできますよね。

 

面識がなかった理由ですが、渋沢千代さんの性格は「気丈だが、内助の功あり」という説があります。
そのためおそらくは、栄一さんを影で支えているので表舞台には出ていなかったのでしょう。

 

「家はしっかり守るから、あなたは仕事を頑張りなさい」と、背中をしっかり押していたのでしょうね^^

 

現に、渋沢栄一さんと千代さんが結婚した当時は、かなり激動の時代です。
日米修好通商条約や安政の大獄が起こっています。

 

その後の日本は、皆さんもご存じの通り、本当にいろいろなことが起こっています。
栄一さんも、かなり忙しく家を空けることも多くて、家を守る千代さんにたくさんの手紙を送っています。

 

千代さんが、東京の屋敷に入ったのは、渋沢栄一さんが「一橋家」につかえ始めたころの1863年頃と言われています。

もしも伊藤兼子さんと渋沢千代さんに、面識があったとするならば、この1863年以降でしょう。

 

ですが「東京に住んでいる」ということが接点ですが、東京も広いですから、すれ違うことも無かったのではないかと思います。

 

しっかり家を守って表舞台には出てこなかったであろう、千代さんと、実家を継ぎ「婿養子」を迎えてバリバリ仕事をこなしていた伊藤兼子さんは、お互いに接点が無かったのではないでしょうか。

 

【伊藤兼子の関連記事】

伊藤兼子の経歴やwikiプロフ!渋沢栄一の後妻の評判や略奪愛だった?

渋沢栄一の死因が凄い?父親・母親・兄弟について!子孫がイケメンモデルだった

渋沢栄一の若い頃の顔写真(画像)!生い立ちから生涯を紹介!【青天を衝け】

 

伊藤兼子の若い頃のまとめ

伊藤兼子さんの、若い頃の顔画像(写真)を見ると、美しさがありながら凛としている女性だなと思いました^^

可愛い系より、美人と言った印象です。

渋沢栄一さんは、日本の欧米の視察にも行っていますが、伊藤兼子さんは仕事面でのサポートもしっかりしていたのではと思います。

前妻である、渋沢千代さんとの接点は無かったでしょう。
むしろ接点があったのは、渋沢栄一さんと仕事面での接点があったのではないでしょうか。

 

生い立ちから生涯は、明治時代に生きていますから、外国の異文化が日本にどんどん入ってきてカルチャーショックを受けたり、「士・農・工・商」の身分制度も変わってきた激動の時代を過ごされています。

 

 

伊藤兼子の若い頃の顔写真(画像)!生い立ちから生涯を紹介!渋沢千代と接点は?

についてまとめてみました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です