伊藤兼子の経歴やwikiプロフ!渋沢栄一の後妻の評判や略奪愛だった?

話題の人物

伊藤兼子さんは、2021年の大河ドラマ「晴天を衝け」の主人公は渋沢栄一さんの後妻です。

 

経歴やwikiプロフ情報などを、気になる方は多いのではないでしょうか。

 

渋沢栄一さんと言えば、2024年からの新しい一万円札の顔になる人です(*^^*)
2021年の一万円札は、福沢諭吉さんですね(^^)

 

そのため、一万円札を「諭吉さん」と親しみを込めて呼んでいたと思います。
お買い物のたびに、「諭吉さん何人分?」なんてやり取りもありますよね(^^;

 

2024年以降からは、一万円札を「栄一さん」と呼ぶようになるのでしょうか(^^;

 

渋沢栄一さんは、生涯2回ご結婚されていますが、2回目の結婚の相手が、今回スポットをあてた「伊藤兼子」さんです。

 

「日本資本主義の父」とも呼ばれていた渋沢栄一さんを支え続けた、奥さんはどんな人だったのでしょうか。

 

今回は、伊藤兼子さんの経歴やwikiプロフィール情報や、渋沢栄一さんの後妻としての評判と略奪愛だったのかなどについてご紹介していきます。

スポンサーリンク


伊藤兼子のwikiプロフ!

伊藤兼子さんの、wikiプロフ情報をご紹介します。

 

この時代は、ご当人が有名な場合の情報は残っていますが、有名人の配偶者である場合は、ベールに包まれている事も多いです。

 

「晴天を衝け」の大河ドラマでは、渋沢栄一さんの後妻としてあまりフューチャーされていませんので、どんなに素晴らしい経歴を持っていても、そこまで注目されないでしょう。

 

 

【伊藤兼子のwikiプロフィール

  • 名前:伊藤兼子(いとう かねこ)
  • 本名:伊藤兼子
  • 生年月日:1852年生まれ
  • 年齢:享年65歳(1934年没)
  • 出身地:東京(江戸)
  • 配偶者:渋沢栄一(再婚)
  • 子供:武之助・正雄・愛子・秀雄
  • 父親:伊藤八兵衛

 

再婚する時のエピソードは、とても有名です(*^^*)

 

渋沢栄一さんを影で支え家の中を切り盛りしていただけではなく、栄一さんに助言をしていたのでしょうね^^

 

伊藤兼子さんの、wikiプロフ情報を見ると、もう数百年も前の人物ですから、書物や人々の伝言で語り継がれてきています。

 

本当の彼女の、人柄や雰囲気を知る者は、同じ時代に生活をしていた人々や、伊藤兼子さんの波瀾万丈の歴史を知っている、苦楽を共にしてきた者たちだけです。

 

本当に、周囲の人達から愛されていたのだなとわかる事があります^^
それは、「渋沢家の家系図」に後妻でありながらしっかりと伊藤兼子さんの氏名が記されているのです(*^^*)

伊藤兼子の経歴!

伊藤兼子さんの、経歴をご紹介します。

 

 

伊藤八兵衛さんの娘(次女)です。
伊藤八兵衛さんは、油会所を設立して「江戸一の大富豪」と呼ばれるほどの大成功を収めた人なのです(*^^*)

 

 

そんな成功者のお父さんを持っていた、伊藤兼子さんは「婿養子」をとり実家を継いでいました

ですが、アメリカ商人との共同事業が失敗し、実家は没落してしまい、その時に旦那さんと離婚しています。

 

その後は「お妾さんになるのはいやだが、芸姑の仕事なら」と口入れ宿に相談していたそうです。

 

そこで渋沢栄一さんのお手伝いをして欲しいという依頼を受けて、栄一さんの元に行き、その後、結婚して後妻となりました。

 

伊藤兼子さんが、渋沢栄一さんと出会う前は、このような経歴です^^
渋沢栄一さんと結婚した後は、あまり情報がありません。

 

きっと、家の中を切り盛りしていたのでしょうね(*^^*)
伊藤兼子さんは、何度も結婚されているので、前の旦那と栄一さんを比べたりしなかったのでしょうか。

 

別に、比較するつもりはなくても、愛する人と言うのはどうしても完全に忘れ去る事はできないと思います。

 

ですので、栄一さんとの結婚生活を送る中で、きっと前の亭主の事もチラチラと頭に浮かんでいたのではないでしょうか><

 

結婚相手は、経歴を重要視していたのか、性格や人柄で決めていたのか、明治時代に生きた女性の気持ちが私は気になりました。

 

また、昔は、何度も再婚するのは「恥」と言った風潮もあったと思います。

 

その中で、自分は自分という強い意志を貫いて人生を歩んできた伊藤兼子さんは、たくましさと強かさを兼ね備えた女性だったのでしょう。

スポンサーリンク


伊藤兼子は渋沢栄一さんの後妻だった!

伊藤兼子さんは、渋沢栄一さんの後妻です。

 

お互いに再婚同士です。
伊藤兼子さんは、18歳の時に最初の結婚をしています。

 

婿養子をとっていたそうで、ご実家を継いでいました^^
ですが実家が没落してしまったために離婚しています。

 

その後、仕事として渋沢栄一さんの元に行き、その一年後に栄一さんとご結婚されました。
ということで、伊藤兼子さんと渋沢栄一さんは再婚同士となります。

伊藤兼子の写真集

 

渋沢栄一さんは、かつて伊藤兼子さんのお父さんである伊藤八兵衛の元で「丁稚奉公」をしていたという話もあります。

 

この話が本当であれば、渋沢栄一さんが若い頃、もしかしたら伊藤兼子さんとの面識があったかもしれません。

 

人の出会いとは、不思議なものですね^^

伊藤兼子の評判について

伊藤兼子さんの、評判についてご紹介します。

 

上記で、伊藤兼子さんは、伊藤八兵衛さんの娘(次女)だったと紹介していますが、そんな伊藤兼子さんの評判はというと、若い頃は「美人」の呼び声も高かったと言われています。

 

 

何でも、伊藤兼子さんは姉妹がいましたが、四人ともかなり美しく「四人の美人姉妹」と言われていたそうですよ(*^^*)

※姉妹の人数は不明です。四人姉妹なのか、四人以上姉妹がいたのかはよく分かっていません。

 

伊藤兼子さんは、次女でありながら実家である油会所を継いでいるということから、聡明だったのでしょうね。

 

そして、晩年のエピソードですが夫である渋沢栄一の女癖の悪さを皮肉って「うまいこと論語を見つけたね、聖書だったら教えが守れない」と語っていたと言われています。

 

ということは、論語や聖書の中身も理解していたのでしょう。

 

そして渋沢栄一さんの、明治35年の欧米への視察にも同伴しています。

 

伊藤兼子さんが、ルーズベルト大統領との会見に同伴していたかは不明ですが、それなりのマナーや知識があったということではないでしょうか。

 

明治という激動とも言える時代に、論語や聖書を理解できるほどの教養を持ち、このような凄い経歴を持っている女性はこの時代は、少ないでしょうね。

 

ということで伊藤兼子さんの評判は、美人の評判だけでなく、実家を継いだということから、聡明な女性だったと言えるでしょう^^

伊藤兼子と渋沢栄一は略奪愛だった?

伊藤兼子さんと、渋沢栄一さんは略奪愛だったのかご紹介します。

 

結論から言いますと「略奪愛」ではありません。
渋沢栄一さんは、伊藤兼子さんと再婚した前年に前妻である「尾高千代」さんを、コレラで失っています。

 

その後に、上記でも触れていますが「コレラで前妻を失った渋沢栄一さんが困っているから」と紹介されたのが、伊藤兼子さんです。

ですから、前の奥さんから略奪して結婚したということはありません。

 

略奪婚ではありませんでしたが、渋沢栄一さんは伊藤兼子さんの実家に丁稚奉公に行っていたという話もあります。

 

伊藤兼子さんのwikiプロフ情報を見ると、子供にはたくさん恵まれていますから、愛は本物だった事がわかりますよね(*^^*)

 

きっと、「以前、実家に出入りしていた人であった渋沢栄一」と、なにかしらの縁を感じたのでしょう^^

伊藤兼子の性格について

伊藤兼子さんの、性格についてご紹介します。

 

かなり「気位(プライド)」の高い女性だったのではないでしょうか。
没落したとはいえ、元は「大富豪のお嬢さん」という経歴です。

 

ご結婚される前には「花嫁修業」として、いろいろな事を学んでいたのかもしれません。

 

私が伊藤兼子さんは「気位が高い」と感じたのは、実家が没落後に「妾ではなく芸姑の仕事を探していた」という点です。

 

ちなみに「妾」とは、第二・第三夫人のことです。

その当時は、大富豪や権力を持っている人たちは「妾・愛人」がいることが普通でした。
妾になれば、生活の保障もあります。

 

妾を持つということは、「彼女たちの生活の保障ができるぐらいの、経済力がちゃんとある」という証明でもありましたから。

ですから、当時は何人も妾や愛人がいる人は多かったのです。

 

ですが伊藤兼子さんは、誰かの妾ではなく、自分でお金を稼ぐことを求めていました。

 

彼女は、かつて自分が実家の油会所を受け継いだ実績もあり「自分の力で稼いで見せる!」というプライドがあったのではないでしょうか。

 

そこで「渋沢栄一さんが困っているから助けてくれ」という仕事の依頼が来たのです。
栄一さんの元に行き、着いた家がかつての自分の住んでいた家だったという、ある意味、何らかの縁があったのでしょう^^

 

伊藤兼子さんからしてみれば「何ということだろう!」という、目の前が真っ暗になるような気持ちだったのではと思います。

 

その後も、渋沢栄一さんの女性問題は頭を抱えていたのかもしれませんが、おそらくそれを表に出さなかったのでしょう。

 

今では大ブーイングものですが、渋沢栄一さんの愛人とも、一時期、同じ家で暮らしていたと言われています。

 

それを許せたのは、おそらく「正式な妻」という立場があったからこそかもしれません^^

もしかすると、その当時の時代背景からして「こんなものだ」と割り切っていたのかもしれませんね(*^^*)

 

 

【伊藤兼子の関連記事】

伊藤兼子の死因が凄い?顔画像(写真)や学歴(出身高校・大学)を調査!

伊藤兼子の若い頃の顔写真(画像)!生い立ちから生涯を紹介!渋沢千代と接点は?

渋沢栄一に結婚した嫁(妻)や子供はいる?家族構成を紹介!再婚した奥さんがいた!

渋沢栄一の学歴(出身高校・大学)や年収を調査!設立した大学について

渋沢栄一の死因が凄い?父親・母親・兄弟について!子孫がイケメンモデルだった

 

渋沢栄一の若い頃の顔写真(画像)!生い立ちから生涯を紹介!【青天を衝け】

尾高千代の若い頃の顔写真(画像)!生い立ちから生涯を紹介!渋沢栄一の奥さん!

尾高千代の経歴や死因が凄い?可愛い子供の頃に政略結婚!?性格について!

尾高千代の顔写真(画像)!学歴(出身高校・大学)を調査!父親・母親・兄弟について

岩﨑愛子(子役)のwikiプロフ(年齢・身長・体重)!評判が凄い!

 

伊藤兼子のまとめ

伊藤兼子さんは、婿養子をとって実家の事業を継いでいましたが、アメリカ商人との共同事業が失敗し、実家を失うことになります。

そして、その時に夫と離婚している経歴があります。

 

wikiプロフ情報を見ると、渋沢栄一さんと夫婦の時は、子宝にたくさん恵まれているので、波瀾万丈でありながらも、幸せな人生を送っていたのでしょう^^

 

渋沢栄一さんの2番目の奥様である伊藤兼子さんは、聡明な才女で評判も良かったと言われて

 

 

伊藤兼子の経歴やwikiプロフ!渋沢栄一の後妻の評判や略奪愛だった?

についてまとめてみました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です