渋沢栄一に結婚した嫁(妻)や子供はいる?家族構成を紹介!再婚した奥さんがいた!

話題の人物

渋沢栄一さんに、結婚した嫁(妻)や子供はいるのか気になる人は多いのではないでしょうか(*^^*)

 

NHK大河ドラマ「青天を衝け」の主人公でもありますが、渋沢栄一さんの家族構成は複雑で、実は何度も結婚歴があるのです><

 

また、2024年に発行される「新一万円札」の顔になることも決定しています。

 

「渋沢栄一さんの子供」ということで、残された家族の人たちもかなりのプレッシャーがあったのではないかとも思います。

 

世間で言われるのは「先代が偉大だと2代目は残念になる」など、心ないことを言われるパターンもありますよね。

 

今回は、渋沢栄一さんに結婚した嫁(妻)や子供はいるのかや、家族構成と再婚した奥さんがいた事などについてご紹介していきます。

スポンサーリンク


渋沢栄一に結婚した嫁(妻)はいる?

https://twitter.com/50saikara/status/1358267293482950657?s=20

渋沢栄一さんに、結婚した嫁(妻)はいるのかご紹介します。

 

結論から言いますと、奥さんは居ますし、再婚もされています。
ですので、結婚した嫁(妻)は二人いるということになります。

 

まずは、一人目のお嫁さんをご紹介します^^

【渋沢栄一の一人目の妻=尾高千代】

渋沢栄一さんとは、いとこにあたる女性。
千代さんのお兄さんの私塾に渋沢栄一さんが通っていたということから、縁がありました。

1858年に、結婚しています。

結婚生活は、渋沢栄一さんが多忙であったため、二人で過ごした時間はそんなに無かったといわれています。

1882年に、コレラのため42歳で天国に旅立ちました。

 

【渋沢栄一の二人目の妻=伊藤兼子】

東京で1852年に、伊藤八兵衛の次女として産まれています。
伊藤八兵衛さんは「江戸一の大富豪」と呼ばれていました。

18歳の時に、家を継ぐために「婿養子」をとり結婚しています。
その後、実家が没落したため離婚。

離婚後は、芸姑になるため口入れ屋で仕事を探していました。

 

その後、口入れ屋から「渋沢栄一さんを助けてほしい」という仕事を引き受け、渋沢栄一さんの元に行き、1年後に渋沢栄一さんと結婚しています。

1934年に65歳で天国に旅立っています。

この二人が、渋沢栄一さんの正式な嫁(妻)になります。

渋沢栄一は結婚した奥さんは、前妻・後妻のどっちを深く愛していた?

渋沢栄一さんは、結婚した奥さんは前妻・後妻のどっちを深く愛していたのかご紹介します。

 

上記で、結婚された嫁(妻)は二人いたとご紹介しました。

そこで気になってくるのが、前妻である「尾高千代」さんと後妻の「伊藤兼子」さんのどっちを深く愛していたのか、ではないでしょうか。

 

実は、渋沢栄一さんが前妻の尾高千代さんに宛てた手紙が残っていました。
その手紙の内容は下記のような内容になります。

 

【渋沢栄一が前妻・尾高千代に宛てた手紙(要訳)

  • 心変わりしないでね
  • 浮気しないでね
  • たまには返事をくれないと、浮気しちゃうぞ

渋沢栄一さんは、前妻である尾高千代さんにたくさんの手紙を送っています。

 

とても忙しく尾高千代さんと一緒に過ごした時間が少なかったと言われています。
そのために、家を守っている千代さんを気遣いこまめに手紙をおくっていたのだと思います。

そして、後妻である伊藤兼子さんに対してはどうでしょうか。
前妻である尾高千代さんと同じように、伊藤兼子さんも手紙を貰っていたのでしょうか。

 

その答えは、不明です。

おそらく何通かはあると思いますが、それらはオープンになっていません(>_<)

 

伊藤兼子さんは、渋沢栄一さんの仕事に同行することも多かったので、手紙を出すこともなかったのかもしれませんしね(^^;

結論を言えば、より深く愛されていたのは、前妻の尾高千代ではないかなとも思います。

 

ただ、後妻である伊藤兼子さんへの手紙が無かったから、兼子さんを愛していなかったということは無いと思います。

ですが、どちらがより深く愛されていたかと言われると、前妻である尾高千代さんかもしれません。

 

なぜなら、尾高千代さんとは付き合いも長かった分、想いをあたためる時間もあったでしょう。

それに「離れている時間も長かった」という点もあるかもしれません。

 

渋沢栄一さんが「忙しいけれど、これから一緒に過ごせそう」という時に、尾高千代さんはコレラで失ってしまいました。

 

その喪失感は大きかったでしょう><

 

そんな時に「渋沢栄一さんを手助けしてほしい」という仕事を、後妻になる伊藤兼子さんが受けています。

後々、結婚した嫁(妻)の兼子さんと渋沢栄一さんには、ある意味不思議な縁がありました。
兼子さんは、もとは大富豪のお嬢さんです。

 

大きな屋敷に住んでいました。
ですが、没落してしまったため屋敷を手放しています。

 

伊藤兼子さんが、口入れ屋から仕事を紹介され、向かった先が渋沢栄一さんの屋敷でした。
その渋沢栄一さんが住んでいた屋敷は、もともと兼子さんが住んでいた屋敷だったのです。

 

おそらくこのような偶然も重なり、渋沢栄一さんと伊藤兼子さんは再婚されたのでしょう。

 

渋沢栄一さんからすれば、前妻である尾高千代さんを失い、悲しみの中にいた時期です。
そんな折に、不思議な偶然で伊藤兼子さんと出会った。

 

この偶然に、二人は縁を感じていたと思います。

付け加えるなら、伊藤兼子さんは、かつて実家を継いでいました。
「その才覚を見込まれた」ということもあるかもしれません。

 

兼子さんは、渋沢栄一さんの仕事にも同行している、という実績もあります。

 

ですから、愛情もあったけれど「公私ともに支えてくれる」という、あつい信頼も寄せられていたのでしょう。

 

愛情のみを考えると、前妻の尾高千代さんを、より深く愛していたのでしょうね(*^^*)

スポンサーリンク


渋沢栄一に子供はいる?

渋沢栄一さんに、子供はいるのかご紹介します。

 

上記で、前妻である尾高千代さんと、後妻の伊藤兼子さんをご紹介しました。

この二人の奥さんとの間にも、もちろん子供はいます。

 

ですが、この二人のお嫁さん(妻)以外の女性との間にもお子様がいます。

 

意外と思われるかもしれませんが、渋沢栄一さんは女性関係が結構派手な人なんです。
仕事でパリに行ったときにも、美女を冗談ですが口説いてます。

 

正式な妻は、上記でご紹介したお二人だけなのですが、お妾さんとして囲っていた女性や愛人も数人いたと言われています。

 

二人の奥さんとお妾さんの子供は認知され、正式に子供として数えられています。

 

ですが、それ以外の愛人との間のお子さんは、認知されておりませんが「多くても100人・少なくても50人はいるだろう」と言われています。

 

なんというか、渋沢栄一さんは「日本資本主義の父」とも呼ばれていますが、恐ろしいほどの甲斐性ですね。

渋沢栄一の家族構成について!

渋沢栄一さんの、家族構成についてご紹介します。

下記でも、渋沢栄一さんの子供と孫の紹介をしますが、渋沢栄一さんの家族構成を紹介していきます。

 

ですが、すべての家族構成をご紹介すると終わらなくなってしまいそうなので、後妻である「伊藤兼子」との家族構成をご紹介します。

 

【渋沢栄一の家族構成】

妻:渋沢(旧姓:伊藤) 兼子
子供:武之助(次男)・正雄(三男)・愛子(三女)・秀雄(四男)

 

渋沢栄一さんと伊藤兼子さんの間には、4人のお子さんが産まれています。
伊藤兼子さんは、4人の子どもを育て・家を守りながら、渋沢栄一さんの仕事のサポートもしていました。

 

そして、今ではあまり考えられないことですが、当時はお妾さんも一緒の屋敷で暮らしていたと言われています。

 

もしかしたら、彼女たちとのやり取りもされていたのかもしれませんよね^^
バイタリティーが凄い女性だと思います。

私から言わせると、旦那さんの仕事のサポートと言えば、家の中を心地よくすることくらいしか思いつきません。

 

ですが、伊藤兼子さんは家の中だけではなく、仕事の現場に同行して仕事そのものをサポートしています。

 

それは、旦那さんである渋沢栄一さんの仕事を理解して、相談相手としても不足はないという評価があったのではないかと思います。

そうでなければ、仕事の現場に同行させるなんてできませんよね><

 

ということもあり、渋沢栄一さんは伊藤兼子さんの才覚を活かして、家の中だけでなく仕事面でも支えてくれるパートナーと思っていたのではと思いました。

 

そして家族である子供たちも、そんな二人の背中を見て育ったのだと思います。

渋沢栄一の再婚理由は何?

渋沢栄一さんの、再婚理由は何なのかご紹介します。

 

伊藤兼子さんは、口入れ屋からの「渋沢栄一さんが奥様を失って困っているから、手伝ってほしい」という依頼を伊藤兼子さんが受けたことがはじまりです。

この紹介から1年後に、二人は再婚しています。

 

おそらくこの一年の間に、伊藤兼子さんの聡明さ・教養の深さなどを渋沢栄一さんが見抜いた事で、再婚に繋がったのでしょう。

 

渋沢栄一さんは女性関係がかなり派手な人だったので、出会いはいくらでもあったと思います。

 

ですが、わざわざ口入れ屋に紹介を頼んだのは、そのような女性ではなく、自分の生活面だけではなく、仕事面も助けてくれる人を望んだのでしょう。

 

それともう一つの理由に、「美人」という点もあるでしょうね^

 

渋沢栄一さんは、日本のために活動をしてきて、社交界にも出なくては行けなかったのではないでしょうか。

社交界では、結婚した嫁(妻)と同伴するスタイルが多いですから。

 

【社交界で大切なもの】

  1. 外見がいい
  2. 知性・教養がある

 

「外見だけの華やかな女性はいくらでもいるけど、教養も身に付けている女性を後妻に迎えたい」と思っていたのでしょう。

 

ですので、上記のものを持っている伊藤兼子さんは、「渋沢栄一の妻」にふさわしいとされたのではと思います。

渋沢栄一の子孫・孫について

渋沢栄一さんの、子孫や孫についてご紹介します。

 

上記で、渋沢栄一さんには「認知されていない子供が少なくとも50人はいるだろう」とご紹介しました。
逆に、認知されていた子供の人数は「12人」ほどたと言われています。

 

二人の奥さんとお妾さんが産んだ子供と、前妻の尾高千代さんと結婚していた時に「養子」を迎えていました。

 

【渋沢栄一の子供たち(敬称略)】
[前妻・尾高千代との子供]

  • 歌子(長女)…法学者・枢密院議長・男爵・穂積陳重に嫁ぐ
  • 琴子(次女)…大蔵大臣・子爵・阪谷芳郎に嫁ぐ
  • 篤二(長男)…渋沢倉庫の会長。渋沢家の嫡男だったが廃嫡になった

 

[後妻・伊藤兼子との子供]

  • 武之助(次男)…石川島飛行機製作所の2代目社長
  • 正雄(三男)…石川島飛行機製作所の初代社長・石川島造船所専務
  • 愛子(三女)…澁澤倉庫会長・第一銀行頭取・龍門社理事長の明石照男に嫁ぐ
  • 秀雄(四男)…田園都市開発取締役・東京宝塚劇場会長・東宝取締役社長

 

[妾との子供]

  • 文子(庶子)…東洋生命社長・武州銀行頭取の尾高次郎に嫁ぐ
  • 照子(庶子)…富士製紙社長・武州銀行頭取の大川平三郎に嫁ぐ
  • 辰雄(庶子)…東京印刷社長の星野錫の養子になる。立教大学の教授(専門は商法とフランス法)
  • 長谷川重三郎(庶子)…第一銀行頭取

 

[養子に迎えた子供]

  • 平九郎…前妻・尾高千代の弟。
    渋沢家が断絶しないようにと養子になっていた。戊辰戦争で帰らぬ人に

 

上記の12名が、渋沢栄一さんに認知されていた子供たちです(*^^*)

 

子供たちの経歴も一緒に並べてみたのですが、一見して皆さん高い役職に就かれていますよね。
会社名を聞けば「あの会社?」と思い浮かぶ社名ではないでしょうか。

 

ただ、渋沢栄一さんが天国に旅立つ時に、莫大な遺産があったのですが、遺産相続の権利を持たない子供たちも多くいたようです。

 

そのため、上記で紹介した(養子の平九郎を除く)子供たちは、お父さんである渋沢栄一さんが残した財産を管理するために「渋沢同好会」という会を作っています。

 

「子供の数が多すぎて、財産を分割しても管理しきれなくなると困るから」なのでしょう><

 

お孫さんもたくさんいます。

お孫さん達もたくさんいるので、紹介したいところですが、全員を紹介するのは、かなり厳しいので、代表的な人をご紹介します。

 

【渋沢栄一の孫(敬称略)】

  • 澁澤侑哉
  • 鮫島純子…父は三男の正雄。

エッセイストで、今でも月に1から2回ほどの公演に出席されています。
鮫島純子さんが、10歳の頃に渋沢栄一さんは天国に旅立ちました。
栄一さんのことを覚えている、唯一のお孫さん。

 

今の時代は、お孫さんの次の世代であるひ孫・玄孫の時代ですね。
そんなひ孫や玄孫たちも、財界や文壇で活躍している人は多いです。

 

渋沢栄一さんの子孫たちは、栄一さんの名前を汚さないようにと言われて育ってきたと言われています。
栄一さんは、たくさんの功績を残しましたよね(*^^*)

 

残されたお子さんの数も多かったですが、残された子孫たちも教えを守り頑張っています^^

 

【渋沢栄一の関連記事】

渋沢栄一の学歴(出身高校・大学)や年収を調査!設立した大学について

渋沢栄一の死因が凄い?父親・母親・兄弟について!子孫がイケメンモデルだった

渋沢栄一の若い頃の顔写真(画像)!生い立ちから生涯を紹介!【青天を衝け】

渋沢平九郎の顔画像(写真)がイケメン!子孫や死因が気になる!【青天を衝け】

岩﨑愛子(子役)のwikiプロフ(年齢・身長・体重)!評判が凄い!

 

岩﨑愛子(子役)の事務所や出身小学校はどこ?凄い経歴を持ったかわいい芸能人!

伊藤兼子の若い頃の顔写真(画像)!生い立ちから生涯を紹介!渋沢千代と接点は?

伊藤兼子の経歴やwikiプロフ!渋沢栄一の後妻の評判や略奪愛だった?

 

渋沢栄一のまとめ

「日本資本主義の父」と呼ばれている、渋沢栄一さんの結婚した妻(嫁)は尾高千代さんと、伊藤兼子さんです。

彼の功績は計り知れませんが、支え続けた家族も、やはり大きな役割を担っていたのでしょう。

 

「人は一人では生きていけない」と言いますが、渋沢栄一さんもそうだったのでしょう。
周囲の家族・仕事仲間・ひいては国のために頑張ってこられたのは、家族の支えがあったからこそですね^^

 

渋沢栄一に結婚した嫁(妻)や子供はいる?家族構成を紹介!再婚した奥さんがいた!

についてまとめてみました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です