尾高千代の経歴や死因が凄い?可愛い子供の頃に政略結婚!?性格について!

話題の人物

尾高千代さんの、経歴や死因が凄いと囁かれているので気になる方は多いのではないでしょうか。

 

渋沢栄一の、奥さんとして有名な女性ですよね(*^^*)

 

2021年のNHKドラマ「青天を衝け」では橋本愛さんが演じる事で、尾高千代さんがどのような人生であったのかが注目されています♪

 

政略結婚だったとの声も上がっていますが、渋沢栄一さんとの出会いや結婚生活についても気になりますね。

 

生涯、仕事に邁進した渋沢栄一の妻ですから、献身的で優しい性格だったのでしょうね(^^)

 

忙しく偉人である渋沢さんの、奥さんを努める事はかなり大変だった事と思います。

今回は、尾高千代さんの経歴や死因が凄いのかや、可愛い子供の頃に政略結婚の噂と性格などについてご紹介していきます。

スポンサーリンク


尾高千代の経歴!

https://twitter.com/fikuko0330/status/1359738432344317954?s=20

尾高千代さんの経歴をご紹介します。

 

プロフィールをご紹介します(^^)

  • 名前:尾高千代(おだか ちよ)
  • 生年月日: 天保12年(1841年)
  • 没年:1882年(享年42歳)
  • 出生地: 武蔵国榛沢郡下手計村(現在の埼玉県深谷市)

 

尾高千代さんの父は名主の尾高勝五郎、母はやへと言います^^

 

兄弟は兄の尾高惇忠、尾高長七郎、弟に尾高平九郎がいます。
尾高惇忠は渋沢栄一さんに論語を教えていた、従兄ですね!

尾高千代さんと渋沢栄一さんは1858年に結婚しました。

渋沢栄一さんとの結婚後しばらくは、千代さんは農業や藍玉製造の手伝いをしていた経歴があると言われています。(^^)

 

しかし、尊皇攘夷派に目覚めた栄一さんは結婚わずか2年で江戸に向かってしまい、穏やかな結婚生活は長くは続きませんでした><

行動力もあり、自分の理想を追及する渋沢栄一さんを支えるのは本当に大変だったと思います。

 

その後、栄一さんが徳川慶喜に仕え、武家となると江戸に家を構え、尾高千代さんも江戸で一緒に暮らしたと言い伝えがあります。

 

徳川昭武に随行してパリに行くなど、一緒に暮らし始めても家を明けている事が多く、決して楽しい結婚生活とは言えなかったかもしれませんね(>_<)

尾高千代の死因が凄い?

尾高千代さんの、死因をご紹介します。

 

明治15年(1882年)7月14日、東京の飛鳥山邸宅にて、42歳という若さで天国に旅立たれました

 

当時の寿命からしても、まだまだ若いでしょう(>_<)

 

そして、尾高千代さん死因は当時流行していた「コレラ」です
コレラは汚染された水や食べ物などを摂取することによって起こる経口感染症です。

 

この時代には衛生環境も今ほど整っていなかったので、流行していたら感染してしまう可能性も高かったのでしょう。

今はそれほど馴染みのない病気ですが、当時は猛威を振るっていたと言われています(>_<)

 

この頃、渋沢栄一さんは実業家に転身し、様々な企業の設立、運営に携わり忙しい時期だと思います。

 

そんな中で家庭を守り、忙しい渋沢栄一さんを支えてくれた妻を突然失うというのは栄一さんにとってかなりショックだったのではないでしょうか(;_;)

 

栄一さんは尾高千代さんが天国に旅立った翌年に川越の大富豪の娘、伊藤兼子さんと再婚し、生涯を共にします。

スポンサーリンク


尾高千代は子供の頃から渋沢栄一と結婚していた!

尾高千代さんは、子供の頃から渋沢栄一さんと結婚していました。

 

渋沢栄一さんと結婚したのは千代さんが17歳の時です^^
栄一さんとは1歳違いなので、栄一さん18歳の時ですね!

 

17歳、18歳という年齢は子どもという感じはしませんが、現代の感覚からすると、とても早い結婚ですよね。

当時としては普通だとも言われています(^^)

 

栄一さんは小さい頃から父や従兄のもとで勉強をしていたり、実家の商売の手伝いをしていたのもあって、精神的に自立していたのでしょう。

 

尾高千代さんと渋沢栄一さんは、幼い頃から近所で一緒に過ごしていた時間が長いという情報もあります(^^)

ですので、お互いに惹かれ合い、結婚を意識したのも早かったのかもしれないですね!

 

今では10代で結婚を意識するような恋愛は少ないので、何だか純愛を思わせて羨ましいですね(笑)

当時は学校で学んだり、女性が働くという文化もなかったので、恋愛をしたらそのまま結婚という流れが多かったのではないかなと思いました(*^^*)

 

尾高千代さんは、なんて言ったって約500の会社・約600の社会公共事業に携わってきて、その多大なる功績から「日本経済の父」・「日本資本主義の父」と呼ばれている渋沢栄一氏の奥さんです。
 

 

ビジネスセンス抜群の夫を持っているので、もし、尾高千代さんも経営者としての立ち居振る舞いや知識を身に着けていたら、仕事でも凄い経歴を積み重ねていたのではないでしょうか^^

尾高千代は可愛い子供の頃に政略結婚!?

尾高千代さんの、可愛い子供の頃に渋沢栄一さんの奥さんになったのは政略結婚だったのかご紹介します。

 

政略結婚であったという事実はありませんでした。

尾高千代さんの、母親やへは栄一さんの父親の市川右衛門元助の姉であったのと、幼い頃に論語などの勉学を栄一さんに教えた尾高惇忠が千代さんの兄だったことが分かっています。

 

ですので、栄一さんと尾高千代さんはいとこ同士の結婚ということになりますね(@_@)

これが、政略結婚ではないかと言われた理由の1つでもあります。

 

渋沢家と尾高家は親戚ということもあり、「中の家(なかんち)」「東の家(ひがしんち)」それぞれの分家として近所で幼少期を過ごし、いわゆる幼馴染の関係だったのでしょう

尾高千代さんと栄一には従弟の渋沢喜作がおり、3人は幼馴染として共に過ごしたと言われています。

 

その時から尾高千代さんは、栄一さんと喜作にとって憧れの女性だったそうです(*^_^*)

きっと千代さんは幼い時から笑顔の素敵な魅力的な女性だったのでしょうね!

 

尾高千代さんの死因は、病気だったので栄一さんは最後を看取るのは辛かったと思います><

 

ですが、奥さんも澁澤家の家系図に描ききれないほどの子供や子孫などの繁栄に多大なる貢献をしているので立派ですよね(*^^*)

尾高千代の子供が気になる!

尾高千代さんの、子供を紹介します。

千代さんと渋沢栄一さんの間には5人の子をもうけました^^

 

【尾高千代さんの子供】

  1. 長男=1862年生まれ=名前(市太郎)・(6ヵ月で亡くなる)
  2. 長女=1863年生まれ=名前(歌子)
  3. 次女=1870年生まれ=名前(琴子)
  4. 次男=1872年生まれ=名前(篤二)
  5. 三女=名前(糸子)・早世

 

渋沢千代さんは5人の子供を授かったのですが、早くに失ってしまったお子さんもいるんですね(:_;)

 

結婚後は栄一さんが家を留守にすることも多い中で子育てをしながら渋沢家を守っていたのだと思います。
とても大変だったでしょうね(>_<)

 

また、栄一さんが1867年に徳川昭武と共にパリへ渡航した際には、千代さんに弟の渋沢平九郎を見立て養子とするよう手紙を送ったと言います。

 

海外に行っている間、自分の身に何か起こった時のことを案じて養子を立てています。

自分の弟が子供になるという、現代では考えられない事もこの時代は出来たことにびっくりしてしまいますよね(@_@)

 

尾高千代さんがこの世に居なくなってから、お子様の歌子さんは法学者の穂積陳信と、琴子は大蔵大臣となった阪谷芳郎と結婚しています^^

また、篤二は長男として渋沢家を継いでいますが、のちに廃嫡となってしまいました。

 

千代さんが帰らぬ人になった後も、残された子供たちが忙しい渋沢家を守っていたのでしょうね。

尾高千代の性格について

尾高千代さんの、性格についてご紹介します。

 

経歴を見ても分かるように、非常に内助の功に溢れ、強い意志で渋沢家を支えています。

性格は穏やかで、控えめな性格ではありましたが、芯の強い女性であったと言われています

 

現代の女性から見ても、女性として憧れの対象となる素敵な性格ですよね(*^_^*)

 

渋沢栄一さんも千代さんのことをとても愛していたようで、忙しく離れ離れの時間の中でも頻繁に手紙を送り、「どうか心変わりをしないでくれ」と、留守中の奥さんの浮気や離婚などを心配していたそうです(笑)

 

なんだかこのようなエピソードを知ると、渋沢栄一さんが可愛く思えてきますね(*^_^*)

 

しかし、渋沢栄一さん自身は女好きで、愛人やその子供なども複数いたと言われています><

当時としてはステータスだったようですが、一生懸命家庭を守って夫の帰りを待つ千代さんにとってはかなり複雑な心境だったのではないでしょうか。

 

というか、現代だったら許されない行為ですよね(>_<)

このようなことからも、いかに千代さんが気丈で心の広い女性だったかが分かります^^
私も千代さんのような芯の強い女性になりたいです。

 

【尾高千代の関連記事】

尾高千代の若い頃の顔写真(画像)!生い立ちから生涯を紹介!渋沢栄一の奥さん!

尾高千代の顔写真(画像)!学歴(出身高校・大学)を調査!父親・母親・兄弟について

渋沢栄一に結婚した嫁(妻)や子供はいる?家族構成を紹介!再婚した奥さんがいた!

渋沢栄一の学歴(出身高校・大学)や年収を調査!設立した大学について

渋沢栄一の若い頃の顔写真(画像)!生い立ちから生涯を紹介!【青天を衝け】

 

渋沢栄一の死因が凄い?父親・母親・兄弟について!子孫がイケメンモデルだった

伊藤兼子の若い頃の顔写真(画像)!生い立ちから生涯を紹介!渋沢千代と接点は?

伊藤兼子の経歴やwikiプロフ!渋沢栄一の後妻の評判や略奪愛だった?

渋沢喜作(渋沢成一郎)の若い頃の顔画像(写真)!死因や評判が凄い?

渋沢平九郎の顔画像(写真)がイケメン!子孫や死因が気になる!【青天を衝け】

 

尾高千代のまとめ

尾高千代さんの経歴は、栄一さんとの夫婦生活を営んでいた時に農業や藍玉製造の仕事をしていた経歴があると言われています。

1841年生まれで、渋沢栄一さんより1つ年下です^^
2人はいとこ同士で、1858年に千代さんが17歳の時に結婚しています。

 

政略結婚ではないかと言われていますが、そのような情報は載っていなかったので、お互いに惹かれあって結婚しているのでしょう(*^^*)

結婚してすぐに尊王攘夷思想に、目覚めた旦那は倒幕計画で江戸に行くなど、家にいないことが多かったようですので、幸せな結婚生活というわけではなかったのかもしれません(>_<)

 

それでも子供を3人、養子1人をもうけ、千代さんは渋沢家を守りました。
千代さんは内助の功を発揮し、とても芯の強い性格だったのですね(*^_^*)

死因は、コレラという感染症で42歳という若さで天国に旅立っています(>_<)

とても短い生涯ですが、愛する夫や子供たちの為に尽くした人生であったことが分かりました。

 

尾高千代の経歴や死因が凄い?可愛い子供の頃に政略結婚!?性格について!

についてまとめてみました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です