#リモラブの4話のあらすじ・ネタバレ!【檸檬の正体に大桜美々はいつ気づく!?】

ドラマを觀る人

#リモラブ~普通の恋は邪道~ドラマの4話あらすじ・ネタバレが気になりますよね(*^^*)

 

大桜美々(波瑠)と、SNSアプリで知り合った異性の檸檬(れもん)ですが、なんとやり取りが5ヶ月間も続いていましたが、ひょんな事から、檸檬の正体が青林風一(松下洸平)だと判明します。

 

見事、私の予想は的中したのですが、まだ彼氏になっていないのでもどかしいですね(笑)
しかも、大桜美々(波瑠)は、最初に八木原大輝(髙橋優斗)がレモンだと思っていたのですが、とんだ勘違いお嬢様ですよ全く( ゚д゚)ハッ!

 

そして、実は、まだ大桜美々(波瑠)は、まさか青林とSNSでやり取りをしているとは気づいていませんw><

 

今回は、#リモラブの4話のあらすじ・ネタバレなどについてご紹介していきます。

このドラマの前回までを見たい方は、Hulu(フールー)の見逃し配信で視聴する事ができます!
14日間無料お試し期間があるので利用してお得にごらんください^^

#リモラブの4話あらすじネタバレ!

#リモラブの4話あらすじネタバレをご紹介します。

 

動物系対戦オンラインゲームのSNSアプリで、「草もち」というアカウント名で大桜美々(波瑠)がプレイしているので、檸檬(青林風一)は、同じカネパル企業で働く美々とやり取りをしているという事には気づいていませんでした。

 

ですが、考察してみると二人共、それぞれSNSの相手の正体に気づくのも時間の問題でしょう^^
#リモラブの4話あらすじネタバレでは、大桜美々(波瑠)が檸檬といきなり付き合うという展開には、まだなりません。

 

それに、恋の容疑者は他にも【五文字順太郎(間宮祥太郎)・朝鳴肇(及川光博)・岬恒雄(渡辺大)・八木原大輝(髙橋優斗)】の4人の男性たちがいますから、スムーズに今後、檸檬が彼氏になるとは思えませんね。

 

しかも、新人看護師の八木原大輝(髙橋優斗)は、SNSで異性とやり取りをする大桜美々(波瑠)の事に対して偏見の目で見ているのですが、仕事中は先輩の大桜美々(波瑠)の事を可愛いとか言ったりしているので、実はかなり好意があると思います(笑)

 

彼女持ちな男なんですが、浮気願望があるのでしょうか、恋人にバレてしまったらたちまち修羅場となりそうですよね~( ゚д゚)ハッ!

 

#リモラブの4話あらすじネタバレでは、そこまで大失態をやらかしてしまう事はないのですが、ドラマの回を重ねるごとに、恋の容疑者達は、どんどん大桜美々(波瑠)と心の距離を縮めていきます。

 

もっと、ソーシャルディスタンスを取りなさい!っていう感じですが、恋の病にかかると、恋愛感情が芽生えてきて、嫌でも相手との距離を縮めてしまうものですから、仕事での付き合いとプライベートでの距離感の取り方は矛盾しているのではないでしょうか。

 

また、ドラマ放送後に追記しますね(*^^*)

#リモラブの4話の前回までのあらすじネタバレ!

#リモラブの4話の、前回までのあらすじネタバレをご紹介します。

ついに、檸檬(れもん)の正体が、青林風一(松下洸平)だと言うことが判明しました。
私の予想が見事に的中していたので、とても嬉しいです(*^^*)

 

檸檬の想像上の声は、お笑い芸人コンビ「ぺこぱ」の松陰寺太勇さんが担当していますので、間違えないようにしましょう。


っと言うことは、考察すると大桜美々(波瑠)の理想の彼氏像は、松陰寺太勇さんみたいな渋い声がタイプだと言う事になるのではないでしょうか^^

 

#リモラブの4話のネタバレでは、実際に檸檬(れもん)の想像上の声の方が、登場人物として現れる事はありませんが、実際の檸檬役が青林風一(松下洸平)なので、見た目と声にギャップがかなりありますよね(笑)

 

そして、美々は想像以上に恋愛とはご無沙汰だったので、かなり恋人を作る事が苦手になっちゃっていますよね^^;

 

#リモラブの4話の、前回までのあらすじネタバレで、SNSで5ヶ月間も顔も声もわからない、異性に恋愛感情を持ってやり取りをしているので、リアルな恋愛をして、デートに行ったりしたらテンパってしまうのではないでしょうか><

スポンサーリンク


#リモラブの4話予想・展開【檸檬の正体に大桜美々はいつ気づく!?】

#リモラブの4話予想・展開をご紹介します。

大桜美々(波瑠)は、なんとなく青林風一(松下洸平)が檸檬の正体だったと言う事に、気づいてくるのではと考察しました。

 

その理由は、やっぱりいつも一緒にカネパル企業で働いているので、当然、青林風一(松下洸平)とも直接SNSやLINEとかでやり取りをしているでしょう。

 

なので、何となくお互いに、文字の表現方法や文脈などから「アレッ!?もしかして・・・」っと、SNSでやり取りをしている異性と同じような感じだな~って、#リモラブの4話のあらすじ・ネタバレで思ってくるのではないでしょうか(笑)

 

そして、特に大桜美々(波瑠)は、SNSで毎日のように檸檬とやり取りをしているので、徐々に恋愛スイッチが入っていき、カネパル会社で産業医として働いている間も、四六時中、れもんの事がきになってくると思っています。

 

なので、#リモラブの4話のネタバレで、恋の病にかかってしまい仕事にあまり熱心になれなくて、ミスを連発したり、声を聴きたい!と増々、好きという気持ちが大きくなっていくと予想しています。

 

職場では、日頃からきちんとマスクを着用して、ソーシャルディスタンスを意識しなさいと言っている大桜美々(波瑠)ですが、彼氏候補のお相手には、早く会ってイチャイチャしたいと心の中で思っているのではないでしょうか^^

 

檸檬(松下洸平)の正体に大桜美々(波瑠)はいつ気づく?

今回の4話で、大桜美々(波瑠)は、とうとう「檸檬」の正体が、青林風一(松下洸平)であると気づきます。

きっかけは、以前、青林が彼女が熱を出しているから家に行ってもいいかと美々に相談したが、ダメと言われた、というやり取りを、メッセージで伝えたこと。

 

それを思い出した美々は、完全に気付いたのです。

ただ、青林には我孫子沙織(川栄李奈)という彼女がいるのを知っているため、自分が「檸檬」に恋愛感情を抱いていることを封印し、それ以上の感情にならないよう、努力します。

 

ただ、「檸檬」が青林とわかってからも、やっぱり気になってメッセージを送っているし楽しんでいるので、やっぱり恋愛感情は止められそうにありませんね(*^-^*)

 

青林はまだ「草モチ」が美々だとは気づいていませんが、「草モチ」とのやり取りに癒しを感じています。鈍感な青林はまだ気づいていませんが、こちらも恋愛感情を抱き始めるのは時間の問題でしょう。

カネパルは社内恋愛が多すぎ

カネパルでは、青林風一(松下洸平)と我孫子沙織(川栄李奈)が社内恋愛中。
あまりみんなには知らせたくないようで、青林は社内ではよそよそしい態度を取ります。
まあ、気付いている人もいますけどね(笑)

 

3話では、大桜美々(波瑠)と五文字順太郎(間宮祥太朗)もデートして、一応お付き合いしましたので、かなり狭い範囲での恋愛ですよね。

そして、今後、美々と青林の展開によって、新しいカップルの誕生になりそうな予感!(*^▽^*)

またちょっと気になるのが、朝鳴肇(及川光博)と富近ゆり(江口のりこ)との関係。
古くからの付き合いみたいですが、朝鳴は富近のことを、「ゆりっぺ」なんて呼んでいます。

 

朝鳴はバツイチで今は独身ですし、このふたりにもラブな展開があったら面白いですよね~!ちょっと期待して見守りたいと思います(#^^#)

スポンサーリンク


#リモラブの4話ネタバレ!

#リモラブの4話ネタバレをご紹介します。

 

第3話の終わりで、大桜美々(波瑠)と五文字順太郎(間宮祥太朗)が一緒にいる時に、なんと「檸檬(れもん)」からメッセージが入る。

それにより美々は、「檸檬」は五文字ではない?!とパニックに。

 

その後、再び「檸檬」と5分だけのやり取りをすることになったが、そのやり取りの中に、見覚えのあるエピソードがあったことで、「檸檬」の正体が五文字でなく、青林風一(松下洸平)だと知ることになる。

 

青林に特別な感情もなく、我孫子沙織(川栄李奈)という彼女がいることも知っている美々は、大ショック!翌日、会社で美々は、青林が沙織から、SNSで知らない女性とやり取りを続けていることを責められている場に遭遇してしまう。

 

沙織から、青林が「檸檬」であり、相手が「草モチ」であること、青林には恋愛感情がなく、単なる「茶飲み友達」としか考えていない、と知らされることに。

 

美々は、青林との距離を取るため、「好きな人がいる、彼氏がいる」とメッセージを送ります。
青林は、沙織とうまくいかないことで、頭を悩ませてたが、その様子を心配して、朝鳴肇(及川光博)は、診察室へ連れて行くことにする。

 

雑談するだけでも気が楽になる、と言われ、青林は、美々、富近ゆり(江口のりこ)、朝鳴に、沙織に体だけの付き合いの男性がいて、それについて悩んでいることを打ち明ける。

富近は、彼女は性にオープンなだけで、今は多様性を認める時代だ、と受け入れるが、それを聞いた朝鳴は人一倍怒り、「昭和の男はそんなの許さない」、「僕に惚れた女には、そういうことは断じてしてほしくない」と言う。

 

さすが昭和のオヤジ!(笑)
#リモラブ4話のあらすじ・ネタバレの青林は、「嫌いになれれば悩まない」といい、どうしていいかわからない様子。

 

富近は、「分かり合えなくても好きかどうかを考えろ」というが、「本当に好きってなに?」とわからなくなる青林。

 

それは美々も同じで、「本当の好き」はなんなのかわからない。

富近は、「もともと人は心の中にぽっかり穴が開いている。空いたままでも平気な人もいれば、何かで埋めないといられない人もいる。その穴を埋めるのは、好きな人だったり趣味だったり人によって違う。

 

なんでもいいけど、最後までその穴にずーーっと残り続けるのが好きっていう感情なんだよ」
と言う。

 

深いですね~。
自分で追い出そうとしたり、やめようとしても、その穴から出て行かないものが「好き」ってことなんですね。

 

その日の夜。
美々は五文字に誘われ、居酒屋「おと」に向かう。

 

するとそこには、八木原大輝(髙橋優斗)と乙牧栞(福地桃子)がいて、栞のお父さんと亡くなったお母さんに「栞さんとお付き合いしています!お付き合いを許してください」と頭を下げる。

 

うまくいった二人はとても幸せそう。
美々と五文字もほっこり幸せを感じ、まっすぐに恋愛をしている二人をうらやましく思う。

 

そこで五文字は、「檸檬」になりすましてウソをついてしまったことを謝る。
美々は、正直に謝った五文字を許し、もう忘れて、と言う。

 

まだ美々のことが好きな五文字は、ちょっとでもチャンスがあればまだがんばると宣言!
「前よりもずっと美々先生のこといいな、と思っているんで」と告白。

残念ながら美々にはあまり響いてない様子だったけど、五文字は素直でとってもいい子だなあ。
ちょっとグッとくるシーンでした!(*^-^*)

 

一方、青林は沙織から、「セ◯◯くんともさよならしたけど、青ちゃんともさよならする」
とあっさり別れを告げられる。

 

「私たちうまくいかないでしょ?考え方合わないし、青ちゃんいつまでもどよーんとしてるし」、「もう気持ちのピークも下がったし、もうピーク時には戻れない」と言います。

 

そして別れ際、青林と体の関係になれなくて残念だったなあ、という沙織に対し、「僕の体が目当てだったの?!」と問うと、「うん!」と言って笑顔で去って行ったのであった。

 

沙織、かなりぶっ飛んでる今どき女子でした!(笑)

 

ここまであっさりかわいく言われると、なんかこっちの考え方が間違えているような錯覚を起こしちゃうけど、さすがに、ここまでヤバイ女子はなかなかいないですね~( ;∀;)

 

一方、美々は「檸檬」が青林であることをわかっていながら、またメッセージを送る。
なんだかんだ言いながら、美々も青林もやり取りをすることをすごく楽しんでいる様子。

 

やっぱりこの二人、相性いいなあ~(*^-^*)

#リモラブ4話のネタバレで、パジャマ姿の青林は、なんだか素朴な印象が似合ってます。
その中で、青林は彼女と別れたことを美々に告げる。

 

そして急に、青林は電話で話したい、と言う。
美々は、自分の正体がバレてしまうことや、この心地よい関係が終ってしまうことを恐れ、それを拒否する。

 

やっぱり一歩踏み出せない美々。

 

そんなとき、青林のお父さんの菊太郎(山崎一)が、岩手から上京してきたが、青林のもとを訪れた会社で、ギックリ腰になってしまう。

 

その菊太郎にずっと付き添う美々に菊太郎は感謝し、青林は美々の優しさを知る。
そして青林は、「草モチ」が送ってきた写真が、会社内で撮った植木ではないか、と思い相手が美々かもしれない、と感じ始めていた。

 

美々にそれを打ち明けるが、美々は否定する。

 

#リモラブ4話のあらすじ・ネタバレで青林は、美々に対し、社内で良くない噂があって、正直自分もそう思っていたけど、美々は本当は優しくて魅力的な人だ、誤解していた、と伝える。
美々を見つめる青林。

 

ここで青林から美々への愛の告白か?!
と思わせてからの、「五文字の見る目は間違っていなかった!ふたりのこと応援します!五文字のことよろしくお願いします!」と宣言。

そうくるか~、青林!(笑)
笑うしかない美々なのでした。

 

青林の天然&鈍感ぶりは最強です!!!
ここから、ふたりがどんなふうに近づいていくのか、すっごく楽しみです!

 

【#リモラブのあらすじ&ネタバレ全記事まとめ】

#リモラブ・あらすじ&松下洸平ほかキャスト一覧!【普通の恋は邪道ドラマ】

2020.09.17

 

#リモラブの4話のまとめ

リモラブのドラマの見逃し配信は「Hulu(フールー)VODサービス」で視聴する事ができます(*^^*)
2週間の無料期間がありますし、契約~解約もとても簡単です。

このVODサービスをもし、無料お試し視聴するなら、独占配信の国内ドラマや動画作品も是非ご覧になってはいかがでしょうか^^

 

#リモラブ4話あらすじ・ネタバレでは、とうとう大桜美々(波瑠)は、「檸檬(れもん)」の本当の正体が、青林風一(松下洸平)であることを知ります。

ただ、青林はタイプでもないし、彼女がいることも知っているし、距離を取ろうとする美々。

一方で、青林は自由奔放な我孫子沙織(川栄李奈)とはお別れすることに。
もともと、恋愛に対する価値観が全く違うふたりなので、必然ではありますね。

 

五文字順太郎(間宮祥太朗)は、ウソをついていたことを美々に謝り、その上で、もっと美々のことが好きになった、と告白する。

青林は、SNS上の写真をきっかけに、もしかしたら「草モチ」は美々かもしれない、と疑うが、美々から否定されてあっさり信じる。

そして、美々が本当は優しくて魅力的な人であることを知り、「五文字と美々のことを応援する」と伝えるのでした。

今回も、青林の誠実だけどちょっと頼りない、そしてかなりの鈍感ぷりが際立ちました!(笑)

この鈍感な青林がどんなふうに美々のことを女性として意識し始めるのか、どんなふうに恋愛に発展していくのか、かなりワクワクします♪

次回も楽しみですね。

 

#リモラブの4話あらすじ・ネタバレ!【檸檬の正体に大桜美々はいつ気づく!?】

についてまとめてみました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です