松井須磨子の若い頃の顔画像(写真)!生い立ち~生涯を紹介!美人女優の歌唱力とは?

話題の人物

松井須磨子さんが、現在放送されているNHK朝の連続テレビ小説「おちょやん」の井川遥さん演じる高城百合子のモデル女優として注目されていますね^^

 

近代日本の演劇史に名を残す名女優として、若い頃から活躍されていました。
彼女の顔画像(写真)や、生い立ち~生涯まで気になる方も多いのではないでしょうか(*^^*)

 

また、松井須磨子さんは歌唱力も素晴らしい女性です。
生涯を女優と恋愛に捧げ、当時の女性の生き方にも大きな影響を与えました。

 

短い人生の中で情熱的に生きた彼女の功績は素晴らしく、今も映画化やドラマなどに取り上げられることも多いです^^

私は朝ドラ「おちょやん」をきっかけに知りましたが、彼女がどのような演技をしていたのか、どのような女性なのか、とても興味を持ちました(*^_^*)

 

今回は、松井須磨子さんの若い頃の顔画像(写真)や、生い立ち~生涯についてと美人女優の歌唱力などについてご紹介していきます。

スポンサーリンク


松井須磨子の若い頃の生い立ちをご紹介!

松井須磨子さんの若い頃の生い立ち情報をご紹介します。

1886年(明治19年)3月、現在の長野県松代町清野に士族(旧松代藩士)である小林藤太の五女として生まれました。

松井須磨子という名前は芸名で、本名は小林正子と言います^^

 

若い頃の生い立ち情報は、9人兄弟の末っ子で生活は貧しく、松井須磨子さんは6歳の時に養女に出され小学校を卒業しましたが養父が天国に旅立っています。

その後、実家に戻りますが、すぐに実父も帰らぬ人になりました(:_;)

 

そして、17歳の頃に、当時の和菓子屋「風月堂」に嫁いで行った姉を頼って上京後、戸板縫製学校(現在の戸板女子短期大学)に入学します^^

 

その後、1903年に松井須磨子さんは最初の結婚をしますが、体が弱かったことから舅から良く思われず、わずか1年で離婚してしまいました(>_<)

 

松井須磨子さんは、若い頃に2度の父との別れや10代での結婚、そして離婚など幼少期から波乱万丈な人生ですよね(>_<)

こうした経験から松井須磨子さんは平凡な日常から脱却したいと強く思うようになり、女優を志します。

松井須磨子の生涯をご紹介!

松井須磨子さんの、生涯をご紹介します。

俳優養成学校に願書を提出し面接までこぎつけましたが、鼻が低く平坦で顔全体に華がないという理由で不合格になります(;_;)

 

納得のいかない松井須磨子さんは鼻の美容整形手術を受け、念願の俳優養成学校へ入学、女優の夢を叶えました。

きっと、自分の若い頃の顔画像(写真)を見て、いつかはもっと美人になりたいと思っていたのでしょう。

 

当時は整形という技術もそこまで高いものではなかったと思われますが、女優の道への情熱から、自分の顔を変えてでもその道へ突き進むというのは凄い行動力ですよね(@_@)

 

その後、松井須磨子さんは女優として順調にステップアップし、2度目の結婚をしますが女優の活動に夢中になる余り家事がおろそかになり、2度目の離婚をします(>_<)

 

1911年には「人形の家」のノラ役で認められ、1913年には不倫関係にあった島村抱月と「芸術座」を旗揚げします^^

 

さらにトルストイ原作の「復活」のカチューシャ役が大当たりし、パートナーの抱月が翻訳に携わった劇中歌「カチューシャの唄」は当時2万枚を売り上げる爆発的ヒットとなりました。

 

昔の生い立ちは、波乱万丈の人生で辛いことも多かったと思いますが、松井須磨子さんは一生懸命に仕事を頑張ったり歌唱力を鍛えて日本初の歌う女優となりました♪

 

ロシアでの公演を成功させるなど、松井須磨子さんは島村抱月と共に様々な成功を収めていきますが、その後は発禁レコード騒動、整形の後遺症に苦しむなど困難も待ち受けていました。

 

そして、1918年11月に島村抱月がスペイン風邪で天国に行くと、悲観した松井須磨子さんは2か月後に抱月の後を追ってしまいます(:_;)

 

32歳の生涯でした。
とても若い頃に、この世から居なくなってしまったんですね(>_<)

スポンサーリンク


松井須磨子の若い頃の顔画像(写真)!

松井須磨子さんの、若い頃の顔画像(写真)をご紹介します。

日本人初の整形女優と呼ばれ、女優になる前に整形をしていますので、ネットに出てくる顔画像は整形後の女優になってからのものが多いです。

しかし、若い頃の顔画像(写真)によって顔の雰囲気が異なり、整形する直前に撮影されたものもありました。

 

松井須磨子さんは鼻に蝋を入れて高くしており、舞台のポスター写真などは鼻筋が通っていてくっきりとした顔立ちに見えます♪

 

新劇の女優でしたので化粧や衣装も西洋風の華やかなものが多く、整形をしたことで、より化粧映えするお顔立ちになったのではないでしょうか(*^^*)

 

松井須磨子さんの晩年は、整形の後遺症に苦しみ体温程度で鼻に注入した蝋がずれて、顔全体が炎症を起こすこともあったそうです(>_<)

 

当時の技術では抜くことも出来ず、冷やすことしか出来なかったそうです。
想像するだけで痛そうですが、相当な覚悟を持って整形に挑んだのでしょうね。

松井須磨子の若い頃の顔画像(写真)は美人?

松井須磨子さんの、若い頃の顔画像(写真)は美人だったのかご紹介します。

 

女優になる前に整形をしていますから、顔が平坦すぎると面接時に言われ、悔しい思いをしたようです。
特に鼻が低いと言われ「ならば顔を変えれば良い」と整形手術を決断します。

そのようなエピソードから、若い頃の整形前の松井須磨子さんの顔画像(写真)は決して美人という訳ではなありませんでした。

 

松井須磨子さんは整形を公表していることから、日本初の整形美人女優と呼ばれました。

当時は整形自体珍しく、世間にはなかなか受け入れられるものではなかったと思います(;_;)

 

 

そんな中で整形を公表する松井須磨子さんの勇気や覚悟はすごいですよね(*^^*)
美人ではないですが、若い頃の顔画像(写真)を見ると可愛らしいさがあり愛嬌がある性格で、生い立ちから生涯まで多くの人々に好かれています^^

 

松井須磨子さんは17歳で姉の嫁ぎ先を頼って上京した際に手伝っていた当時の和菓子屋さんである「風月堂」の看板娘だったそうです。

 

歌声もとても綺麗で、歌唱力も抜群なのでお店でのお客さんに声掛けも、美しいメロディーを歌いながら接客していたのでしょう^^

 

「笑顔が素敵な美人さん」と評判だったので、世間一般的には綺麗な雰囲気だったのでしょう^^
また、大柄だったという松井須磨子さんは舞台映えがするということで、当時の女優としては存在感があったのではないでしょうか(*^^*)

松井須磨子の若い頃の評判について

松井須磨子さんの若い頃の、評判についてご紹介します。

女優として特別美人という訳ではありませんが、男性のファンや言い寄ってくる男性は多かったと言われています^^

性格は、ちょっとわがままで奔放な松井須磨子さんに、パートナーの島村抱月も振り回されていたようです(^_^;)

 

人に媚びず、演劇界の重鎮に挨拶もしないなど頓着しないサッパリした性格でもあったのでしょう。
ですが、愛する抱月には甘えていたと言いますから、今でいえば”魔性の女”だったのでしょうか(笑)

 

女優としては、1911年の「人形の家」のノラ役で才能を開花させ、評価も一気にあがりました!
「人形の家」は女性の自立を描いた社会派の作品で、2度の離婚を経て家庭に縛られず「1人の人間」として自立していこうと決心し強く生きた松井須磨子さん自身の人生とも重なりますよね(*^^*)

 

そして、「人形の家」をきっかけに、抱月と共に「芸術座」を旗揚げし、ロシアのトルストイ原作の「復活」という作品ではヒロインカチューシャ役で更に大当たりしました。

 

トルストイ原作の演劇がヒットしたことが縁で、ロシアの劇団との合同公演も実現しました。
まさに、島村抱月のプロデュース力が彼女の女優力を引き出したとも言えるかもしれないですね(^^)

松井須磨子の歌唱力とは?

松井須磨子さんの、歌唱力をご紹介します。

若い頃に、島村抱月らと共に旗揚げした劇団「芸術座」で公演された「復活」で、劇中歌「カチューシャの唄」を歌っています。

 

演劇の人気にともない、この歌も爆発的なヒットとなりました^^
当時は蓄音機があまり普及されていなかったにも関わらず「カチューシャの唄」のレコードは2万枚の売り上げるほどの人気ぶりでした(*^^*)

 

当時の松井須磨子さんの歌声は、現代の歌姫のような美声という訳ではありませんが、大正時代の雰囲気を感じました^^

 

ここで、松井須磨子さんの歌声についての口コミをご紹介します♪

【松井須磨子さんの歌唱力の口コミ】

  • 歌を聴くと、芸能が進化したんだと感じる
  • 歌唱力があるかないかは別として、当時の熱気を今の自分たちが追体験する事は出来ないので、大正時代と現代の音楽の溝を感じる
  • 蓄音機で当時のレコードを聴くと、下手を通り越して何か感動する

 

「カチューシャの唄」の作曲者、中山普平も彼女に歌を教え込むのに苦労したとのエピソードもありますので、松井須磨子さんは、若い頃はあまり歌唱が得意ではなかったのかもしれませんが。

それでも、大正時代の世の中の人々には松井須磨子さんの歌声が心に響いたのでしょうね(*^^*)

 

【高城百合子(井川遥)の関連記事】

高城百合子(おちょやん)のモデル女優は誰?井川遥の演技力が凄い!

渋谷天外(2代目)の顔画像(写真)!子供(息子)はいる?若い頃~生涯について!

浪花千栄子の若い頃の顔画像(写真)!死因が凄い?離婚歴があった!【おちょやん】

九重京子の若い頃の顔画像(写真)!生い立ち~生涯をご紹介!宝塚時代の苦労話

九重京子の経歴!宝塚時代の顔画像(写真)は?子供や死因が気になる!

 

松井須磨子の若い頃のまとめ

松井須磨子さんは2度の養父と実父との別れや、2度の離婚を経験し波乱万丈な私生活でした。

若い頃から女優になる事を決意し、そのために整形をし日本人初の整形女優として演劇界で活躍されました。

 

その後の島村抱月との運命の出会い、新劇女優としての開花、不倫関係ではありましたが松井須磨子さんと抱月は運命共同体として行動を共にし、大正時代の芸能史に革新を与えました。

抱月との突然の別れ、絶望の淵に立たされた松井須磨子さんの悲しい最期など、彼女の人生そのものが波乱に満ちていましたね。

 

若い頃の顔画像(写真)は、美人というわけではないのですが整形前後の顔を比較して見ると、美しさが増していました^^

 

今でも人生をテーマにした、ドラマや舞台映画がたびたび放送されています(*^^*)
現代の芸能があるのも、松井須磨子さんや当時活躍した女優さん、それに関わる作家など、芸能を発展させるために動いてくれた人たちがいたからなんですね^^

松井須磨子の若い頃の顔画像(写真)!生い立ち~生涯を紹介!美人女優の歌唱力とは?

についてまとめてみました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です