GoToTravelキャンペーンをキャンセルしたらどうなる?料金や日時変更は旅行会社の対応は?

ニュースを見る人

GoToTravelキャンペーンが始まりましたが、第2波の影響もあり心配して旅行・観光や宿泊をキャンセルしたいと考えている人も多いと思います。

 

そして、旅行に行きたいと思った時は、個人でプランを組むか旅行代理店に申し込むかの方法がありますよね(*^^*)

 

おそらくワクワクした気持ちで、旅行に行ける日を待ちわびていることでしょう^^
2020年の7月22日から「GoToトラベルキャンペーン」も始まり、普段の旅行よりもお得に楽しめるようになりました。

 

ですが、もしも何らかの理由で旅行に行けなくなった場合は、どうすればいいのでしょうか気になる人も多いのではないでしょうか><

しかも「GoToTravelキャンペーン」を利用した旅行プランだった場合は、何か特別な対処法などをしないといけないのか心配ですよね。

 

今回は、GoToTravelキャンペーンをキャンセルしたらどうなるのかや、予約取り消し料金や日時変更などで旅行会社の対応などについてご紹介していきます。

スポンサーリンク


GoToTravelキャンペーンをキャンセルしたらどうなる?

GoToTravelキャンペーンを、キャンセルしたらどうなるのかご紹介します。

旅行や観光・宿泊にはトラブルがつきものです。

 

それに、旅行に行ってからだけではなく、行く前にも災難は起こる事があります。
様々な厄介事が考えられますが、トラブルが解決せず、せっかくの旅行を泣く泣くキャンセルすることもあるでしょう。

そんな時は仕方がありません><

 

 

旅行会社や予約サイトに申し込んでいた「旅行プラン」の予約取り消しをするしかありません。
それは「GoToTravelキャンペーン」の対象旅行プランを申し込んでも同じ作業になると思います。

 

 

ただ、そのお陰で宿泊施設やホテル等から膨大な料金を要求されたり、多額の違約金が発生するという事態は滅多に無いでしょう。

 

GoToトラベル特典運動を、申し込みをする利用者は、旅行を中止しないといけないことが確定した場合は、できる限り早い段階で、旅行会社にキャンセルの連絡をするようにしてくださいね。

GoToTravelキャンペーンで、旅行中止にする場合はキャンセル料金が発生する?

GoToTravelキャンペーンで、旅行中止にする場合はキャンセル料金が発生するのかご紹介します。

通常の旅行の予約取り消しをする場合は、先に入金していた場合であれば、キャンセル費用を引いた金額で返金されます。

 

では、この「GoToTravelキャンペーン」の対象旅行プランをキャンセルしてしまった場合は、どうなるのでしょうか。

 

このGoTo旅行キャンペーンの【キャンセルの値段(価格)の取り扱いについて】をご紹介しておきますね。

 

 

キャンセル料金の取り扱いについて

  1. 東京都を目的地と東京に住んでいる人の旅行について、2020年7月10日~7月17日までの間に予約されていた旅行が中止になった場合は、キャンセル料金を支払わなくてもいい
  2. 2020年7月10日~7月17日までの間に予約した日帰りや泊まり旅行・宿泊・観光などの予約取り消しをする場合、GoToTravelキャンペーンが十分に周知されなかったと判断され、キャンセル料金の支払いは無い
  3. キャンセル費用を支払った人は旅行業者に返金を求めることができる
    (旅行代理店などに実損が出る場合、GoToトラベル事業の予算で対応する)

 

 

正式なキャンペーンの概要には1などのナンバリングはされていません。
今回は、わかりやすくするためにナンバリングしてみました。

 

上記の1と2を見ると「2020年7月10日~7月17日までの間に予約した、旅行の場合の予約取り消し料金は支払わなくても良い」とあります。

 

3を見ると「キャンセル代金を支払った利用者は返金を求めることができる」とあります。
これは「2020年7月10日~7月17日までに予約した人」に向けて書かれているのならば、この期間に申し込み予約をしていた人のみ費用は発生しないという事になります。

 

 

ですが、1と2を気にせず3だけを単体で見ると「GoToTravelキャンペーンの対象旅行プラン」は、金額について以下のような賛否両論の意見が出ると思います。

 

  • 通常の旅行(GoToTravelキャンペーンの対象外)の時は発生する
  • GoToキャンペーンの対象の旅行プランは発生しない

 

私は、普段の旅行の際には「日時変更や何かあった場合」のために、予約取り消し費用の発生する期限や値段(価格)を必ず確認します(*^^*)

 

GoToTravelキャンペーンの旅行でもキャンセル料金は発生すると思っていた方がいいでしょう。
そして、1と2の場合のみは金額が発生しない無料サービスで「暫定的な処置」と考えていた方がいいでしょう。

 

これからゴートゥー特典を利用して旅行や宿泊・観光をしたいと思う人は、旅行会社の方に必ず確認してくださいね^^

GoToトラベルキャンペーンで、日時変更は旅行会社の対応は?

GoToトラベルキャンペーンで、日時変更したい場合は旅行会社が調整してくれるのか調査しました。

 

通常のパッケージツアーであれば、日程を変える場合は、キャンセル料金が発生しない時期である事と、出発日が複数あって希望の日時に空きがある場合は「出発日時の変更」手続きだけで、大丈夫です。

 

ただし、手続きの書類上は「申し込んでいた旅行をキャンセルして、改めて旅行を申し込む」という形になります。

 

以前、私が旅行の出発日の変更をお願いした時は、このような手続きをしました(*^^*)

手続きの方法は、それぞれの旅行会社によって変わってくると思いますが、同じツアーで出発日のみの変更で、希望の日付が空いていれば、変更は簡単にしてくれるでしょう^^

 

 

問題なのは、希望した日付に空きが無かった場合です。
その場合は、GoToTravelキャンペーンはキャンセルしてまた次の機会を待つかだと思います。

 

 

上記でパッケージツアーの日時変更の場合をお伝えしましたが、他のプランに変更する場合でも、利用者の希望日に旅行先のホテルや旅館に空きがあれば、「申し込んでいた旅行はキャンセルして、新しいプランに申し込む」という形になると思います。

 

ですので、今回の「GoToトラベルキャンペーンを利用して申し込んだ旅行」でも、旅行会社は同じ対応になるでしょう。

 

ただ、9月以降に発行される「地域共通クーポン券」の扱いに関しては、いったん旅行会社に返却する形になるかもしれませんね。
いったん返却して、改めて発行する形にすれば、手間はかかりますが災難・心配事も少ないと思います。

 

GoToトラベルキャンペーンのキャンセル時の「クーポン券」の扱いに関しては、クーポン券が発行される時期に取り扱い方法も発表されると思います。

スポンサーリンク


 

GoToトラベルキャンペーンで、キャンセルしたら旅行会社の対応は?

GoToトラベルキャンペーンで、キャンセルしたら旅行会社は承諾してくれるのか調査しました。

対応としては、直前とかではない限り、快く予約取り消しに応じてくれるはずです。

 

なぜなら、利用者の都合を聞かず旅行を強制することはできませんから。
旅行会社からすれば、そのキャンセルの手続きも仕事に含まれますからね(^^)

 

ただ、GoToトラベルキャンペーンを利用した日帰りや宿泊旅行・観光などの場合は、通常のキャンセルの時よりも書類の作成などの手間がかかることがあるかもしれません。

 

 

このGoToTravel旅行特典は、政府が推進している運動ですので、下記のような対応が発生するかもしれません。

  • 通常のキャンセル手続きの書類
  • キャンペーンを利用した旅行を予約取り消しする書類

 

おそらく、日時変更などもしかりで、旅行会社はこのような書類の作成をしないといけないと思います。

 

ですので、旅行会社からすると、通常のキャンセルだけでも色々な場所に連絡しないといけない仕事が発生する上に、GoToトラベルキャンペーンの申請・申し込みの取り消しなどの作業もしないといけないことになります。

 

予約を中止にする事によって発生する仕事は増えるかもしれません。
ですが、キャンセルせずに無断で旅行を欠席して周囲の人に迷惑をかけるよりかは、きちんと手続きをする方が、仕事的には楽だと思います。

 

もしも、どうしても旅行に行けなくなってしまった場合は、早めに旅行会社や予約サイト、自分で予約した場合は、宿泊予約を入れているホテルや旅館に連絡をしましょうね^^

GoToTravelキャンペーンの、予約キャンセルしたら返金されるのか調査

GoToTravelキャンペーンの、予約キャンセルしたら、きちんと返金されるのか調査しました。

利用した旅行に申し込みをしたが、どうしても行けなくなった場合は予約取り消しをするしか方法はありません。

 

まだ、旅行代金の支払いをしていない状態であれば、電話一本で中止にすればいいのですが、旅行代金の支払いをしていた場合は、もちろん旅行会社から返金されます。

 

上記で、GoToTravelキャンペーンの概要を少しご紹介しています。
その中の文章を見るとこのような文面があります。

【キャンセル料金を支払った人は返金を求めることができる】

 

 

つまり、この場合は「旅行費用を振り込み済みの状態で、旅行を予約キャンセルしたが違約金が差し引かれた金額が返金された」と読み取れることができると思います。

 

GoToTravelキャンペーンの旅行のキャンセル料金は、上記でご紹介したように期間限定の措置のようですので、通常の旅行と同じようにかかるでしょう。

 

とすれば、通常の旅行の時と同じくきちんと返金されるでしょうね。
ただ、「旅行当日にキャンセル」など、利用者側に不備があった場合は、全額キャンセル料金扱いとなるので、返金は無いでしょう。

 

もしも、旅行費用の返金がされなかった場合は、その会社に問題があるとみた方がいいと思います^^;

GoToTravelキャンペーンをキャンセルできない場合の対処法はある?

GoToTravelキャンペーンを、キャンセルできない場合の対処法は何かあるのか調査しました。

 

これは、GoToTravelキャンペーンだけでなくすべての旅行においてもいえることですが、当日であれば予約取り消しをする事は可能でしょう。

 

ただし、当日キャンセルの場合は、旅行費用全額分を予約取り消し料金として扱われ、旅行代金の返金は無しという場合が多いです。

 

また、当日に日帰りや宿泊旅行・観光など遠出をした場合は、日時変更ということもできなくなります。
この場合は、その旅行はキャンセル扱い(全額返金なし)として、希望の日時の新たな旅行プランに申し込むという形になると思います。

 

ただ、このGoToTravelキャンペーンの場合は、9月以降からになりますが「GoToトラベルキャンペーンの地域共通クーポン券なども発行」されている場合があります。

 

この場合は、旅行代金はキャンセル料金となり返金はありませんが、このクーポン券は旅行代理店などに返しておかないといけないと思います。

 

いざという時に、クーポン券の返却が必要なのか不要なのかも合わせて、返却方法も旅行代理店に確認しておくことも必要だという事ですね。

 

【GoToTravelキャンペーンの関連記事】

GoToキャンペーンは修学旅行・社員旅行も対象?4人家族で1番お得な利用方法とは!

2020.08.10

GoToキャンペーンは予約済みホテル・旅行ツアーも対象?キャンセルは返金OKか調査

2020.08.10

GoToキャンペーンの期間はいつまで?仕組み・内容をわかりやすく解説!【知らなきゃ損】

2020.07.23

GoToTravelキャンペーンの期間延長は?日帰り旅行やクルーズ船観光も対象か気になる

2020.07.22

 

GoToTravelキャンペーンをキャンセルのまとめ

GoToTravelキャンペーンは、東京都を目的地と東京在住の人の観光・宿泊や日帰り旅行について、2020年7月10日~7月17日までの間に予約済みだったが、行けなくなった人は、キャンセル料金を支払わなくても問題ないと囁かれています。

ですが、日時変更も含めて時と場合によっては予約取り消し料金が発生する事もあります。

 

生活をしているとトラブルはつきもので、普段の生活の中でもトラブルが発生して予定が狂うことはよくあります。

旅行に行くために、お休みを確保したり、予定が入らないように周囲に根回ししていても、どうしても断ることができない用事が入ったりすることは、人生の中では本当によくあります。

 

GoToTravelキャンペーンは普段の旅行よりも、お安くお得に旅行に行けるキャンペーンです。
そんなキャンペーンを使える今が旅行に行けるチャンスではありますが、泣く泣くキャンセルしないといけないこともあるかと思います。

 

もしも、どうしても旅行をキャンセルしないといけない場合は、早めに旅行を申し込んだ旅行会社に連絡しましょうね^^

そして次回、楽しい旅行ができるように、次の機会を待ちましょう(*^^*)

 

GoToTravelキャンペーンをキャンセルしたらどうなる?料金や日時変更は旅行会社の対応は?

についてまとめてみました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です