マイクタイソンの現役時代のパンチ力が凄い!若い頃の生い立ちや海外の反応は?

話題の人物

マイクタイソンが、ロイ・ジョーンズとのボクシング対決で注目されていますね(*^^*)

 

若い頃の現役時代ほどのパンチ力があるのか、気になる人は多いのではないでしょうか。
復帰戦という名目ですが、『チャリティーボクシング』とも言われており、今回の試合でマイクタイソンが獲得したファイトマネーは、寄付にあてると言う話も出ています。

 

外見はめちゃくちゃ厳ついので、暴力的で自己中心的な性格だと捉えがちなんですが、実は、生い立ち情報は、子供の頃はとっても人見知りで、臆病な性格だったんですね。

 

ですので、ボクシングのプロテストを受ける直前に、対戦相手が急に怖くなって止めようかと思った事もあるのです(笑)

 

あのマイクタイソンが、ここまでデリケートな性格だったのは意外ですよね。

 

今回は、マイクタイソンの現役時代のパンチ力が凄い事実や、若い頃の生い立ち・海外の反応などについてご紹介していきます。

スポンサーリンク


マイクタイソンの現役時代のパンチ力が凄い!

https://twitter.com/wMpcCtp4JzcuzfA/status/1331226286744748032?s=20

マイクタイソンの現役時代のパンチ力が凄いので、ご紹介します。

プロデビューしたのは、今から30年前の1985年です。
戦績は総試合数が58、うち勝利を収めたのが50で負けはたったの6回です^^

 

そして、マイクタイソンのKO数は44、プロデビューから37連勝を遂げ史上最年少の20歳5ヶ月でヘビー級王者になった経歴があります。
まさに「向かうところ敵なし」の状況で、世界中に名前が知られたボクサーです♪

 

そんな人気急上昇の時期には格闘キャラのモデルになったり、ファミコンゲームのタイトルに彼の名前が使われたこともありました^^
マイクタイソンの現役時代のパンチ力は凄くて、対戦相手をノックダウンし失神させる事もありました。。

 

一般的に成人男性の平均的なパンチ力は150~180くらいですが、現役時代のマイクタイソンのパンチ力は1tとも言われます。
ということは、マイクタイソンのパワーは、一般的な成人男性の5人分になるのです^^

 

今は、同じくらいの威力があるボクシング選手はゴロゴロといますが、当時はそこまでトレーニング技術も発達していませんでしたし、ノウハウやテクニックもパターン化していました。

 

現在は、YouTubeとか動画コンテンツで対戦相手の練習風景やデータなどの情報が見れる時代ですから、分析や対策をしやすくなりましたよね^^

 

そして、マイクタイソンの現役時代は、ヘビー級の階級で、重くてキレのあるハードパンチャーとして有名でしたから、試合をしたがらないボクシング選手も多かったのです。

マイクタイソンの現役時代と現在のパンチ力を比較!

マイクタイソンの現役時代と、現在のパンチ力を比較してみました。

 

現役を引退したのは2005年、38歳の時です。
無名のボクサーとの戦いに負けたことで、体力の限界を痛感したのでしょう。

 

子供の頃の生い立ちは、決してボクシングが好きだったのではなくて、お金が無くて貧しい生活をしていたから、どうにか有名になってお金をたくさん稼ぎたいという願望も持っていました。

 

現在のマイクタイソンの年齢は54歳なので、パンチ力が衰えていることは否定できないです。
でも、50歳を過ぎた時点でのマイクタイソンのYou Yube動画を見てみると、やはり同年代の男性よりはパンチ力があります^^

 

若い頃の現役時代のパンチ力が1tだったとするならば、54歳を迎えた現在のパンチ力が単純に半分になっていたとしても400~500kgのパンチ力はあるでしょう♪
一般的な大人の男性の、平均的なパンチ力が150~180なら約3人分になります。

 

プロボクサーが引退する年齢は、だいたい32歳くらいと言われる中でマイクタイソンは6年間も長く現役を続けたのだから、粘り強い一面があります^^

マイクタイソンの現役時代のパンチ力を知らない人にとっても、ロイ・ジョーンズ戦で、昔のようなハードパンチを取り戻せているのか楽しみですね(*^^*)

スポンサーリンク


マイクタイソンの若い頃の生い立ち

マイクタイソンの、若い頃の生い立ちをご紹介します。

 

1966年6月30日、米国ニューヨーク州生まれです^^
父親は2歳の時に家族を捨てて蒸発、その後は母・兄・姉と暮らします。

 

母親はマイクタイソンが若い頃の16歳の時に天国に行き、姉は24歳の若さで心臓麻痺が原因で帰らぬ人になっています。
マイクタイソンの兄は医師助手です。

 

マイクタイソンは幼少の頃、内向的な性格で近視用の大きなメガネを掛けていたことから、いじめられっ子でした。
小学1年生の時に不登校になり、街をさまよい不良少年たちの使い走りになった生い立ちがあります。

 

その後、不良少年グループにマイクタイソンが大切にしていた鳩を始末されたことで大喧嘩になり、不良少年とのケンカに勝ったことで自分のパンチ力の強さや、強さに自信を持ち少しずつ悪行が助長するようになっていったのです。

 

マイクタイソンのバックグラウンドは幼い頃から一般的な成育環境とは異なっています。
ですが、そんな生い立ちだからこそハングリー精神が人一倍培われたのでしょうね♪

マイクタイソンの現役時代(若い頃)のパンチ力伝説!

マイクタイソンの、現役時代(若い頃)のパンチ力伝説をご紹介します。

 

1985年3月6日にプロデビューしています。
この時18歳ですが、わずか2年後にはボクシング史上一番若い年齢でヘビー級王者になっているのです♪

 

その秘密は、何と言ってもマイクタイソンのパンチ力でしょう^^
ヘビー級の選手としては小柄ですが、自分よりも大きな対戦相手を天性のフットワークとスピードで相手を思うままにして、非凡なパンチ力で相手を叩きのめしていったのです

 

マイクタイソンの若い頃の現役時代は破壊力のある強烈なパンチで、ボクシングファンを魅了するものでしたが、対戦相手を失神させることが多かったのです。
そして、KO率は75,8%と凄いです♪

 

元WBA・WBC・IBF世界ヘビー級統一王者の称号を持つマイクタイソンの現役時代(若い頃)のパンチ力は他のボクサーとは比較にならないほどのパンチ力だったのです^^

現在のマイクタイソンは、スタミナは昔ほどないとは思いますが、体重が増加していたら、それだけパンチに重みがでるので、威力が上がります。

 

ですので、上手く減量しながら筋肉を増量できたら、若い頃よりもパワーのあるパンチ力を出せる可能性は高いでしょう。

 

私は、パンチングマシーンで自分のパンチ力を図った事があるのですが、力いっぱいストレートで殴っても200kgとかくらいの数値でした(笑)

もちろん、パンチングマシーンの種類は色々ありますから、殴る機械によって数値は変動します。

 

おそらく、マイクタイソンが、自分と同じパンチングマシーンを殴ったら、軽く600kgは超えるでしょうね(笑)

そのゲーム機械の歴代最高ランキングの1位が、300kgくらいだったので、マイクタイソンは余裕で1位になるでしょう。

マイクタイソンの現役時代の海外の反応は?

マイクタイソンの現役時代の海外の反応をご紹介します。

ハードパンチャーとして、対戦相手のプロボクサー選手達からは恐れられていて、一時期は、誰も挑戦したがらない状況でした。

 

ですが、マイクタイソンはKO率こそ高いものの、負けている試合もいくつかあるのでヘビー級最強ボクサーと言うわけではありません。

 

現役時代時代のパンチ力は、一撃で相手をノックアウトしてしまうくらい強烈なんですが、己のパワーを過信してしまい、全くトレーニングをしない事もありました。

 

若い頃の海外の反応は、それでも強烈なストレート・フック・ボディーなど一発で相手を葬り去る事ができるマイクタイソンは、スタミナが無くても早いラウンドで決着してくれるだろうという期待の声が多きかったのですね。

 

確かに、現役時代の全盛期は、1Rや2Rくらいで、対戦相手をボコボコにしてKO勝利する事が多かったので、昔は、世間の期待通りの活躍をたくさんしてくれていました。

マイクタイソンの現在の海外の反応は?

マイクタイソンの、現在の海外の反応をご紹介します。

 

若い頃は、ボクシングのヘビー級の強豪選手達を、バタバタと倒していましたが、加齢と共に体力が落ちたり、悪さをして刑務所に行ってしまう期間などがあります><

 

破天荒な性格のマイクタイソンですから、ボクサー一筋に専念する事が苦手だったのですね^^;
その影響は大きく、年齢を重ねるにつれて、パワーとキレのあるパンチが衰えていき試合に負ける事も少なくありませんでした。

 

そして、ホリフィールド戦では、何と相手の耳に噛み付くと言う反則をしてしまったり、紳士なボクサーではなくなっていきました。

マイクタイソン自身も、思うように身体が動かない自分にイライラしていたんでしょうね><

 

その後、引退する事になるのですが、今回、数十年の時を経ての復帰戦が行われました。

現在のマイクタイソンの海外の反応は、鍛えられた肉体美に「見てるだけで恐ろしい・ロイ・ジョーンズが可哀想・野獣ビーストだ」など、現役時代の興奮を思い出すようなポジティブな意見が多いです(*^^*)

 

 

【マイクタイソンの関連記事】

マイクタイソンの子供や逮捕歴情報!タトゥーは除去した!?

2020.11.26

ジェイクポール(ボクシング)の彼女や結婚した嫁(妻)はいる?兄弟や戦績を調査!

2020.11.25

ロイジョーンズジュニア(Jr)の現役時代のパンチ力は?若い頃の全盛期はいつ?

2020.11.25

 

マイクタイソンのまとめ

マイクタイソンの現役時代のパンチ力は、1tを超えるくらいの威力があったと囁かれています。
54歳の現在は、さすがにパワーが衰えていると思いますが、それでも400~500kgのパンチ力はあるでしょう。

若い頃の生い立ち情報は、子供の頃はメガネをかけていた陰キャで臆病で自分に自信のない性格をしていまいた。

ですが、生活が貧しくて有名になってお金を稼ぎたいという欲求や、いじめられっ子だったけど、相手に反撃してみたら自分が思いのほか強くて、自信を取り戻しそれからプロボクサーの道へと進みます。

 

マイクタイソンの現役時代のパンチ力が凄い!若い頃の生い立ちや海外の反応は?

についてまとめてみました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です