岡田嘉子の顔画像(写真)!亡命女優の息子・孫が気になる!【おちょやん】

話題の人物

岡田嘉子さんの、顔画像(写真)は美人なのか気になる方も多いのではないでしょうか(*^^*)

 

昭和の名女優の一人と言われており、NHKの朝の連続ドラマ「おちょやん」の高城百合子のモデルになっていると囁かれています。

 

ソ連に亡命した彼女の息子・孫など家族・親戚関係などもリサーチしました。

 

岡田嘉子さんの死因は、ソ連(今のロシア)のモスクワで平成4年に89歳で帰らぬ人になっています。
昭和の名女優といわれるほどの女優さんですから、その美しさもとても気になります^^

 

今回は、岡田嘉子さんの顔画像(写真)や、亡命女優の息子・孫など家族構成についてご紹介していきます。

スポンサーリンク


岡田嘉子の顔画像(写真)!

岡田嘉子さんの顔画像(写真)をご紹介します。

 

広島県で1902年(明治35年)4月21日に誕生してお父さんのお仕事の都合もあり、日本を転々とした生活をしていました。

 

お母さん方のおじいちゃんがオランダ人の血を引いています。
そのためか、岡田嘉子さんはエキゾチックな顔立ちの美貌を受け継いでいますね(^^

 

 

私が写真(顔画像)を見た時の印象は、とても優しいお顔立ちをしていると感じました(*^^*)

 

ですが、優しいだけでなくチャーミングで妖艶な色気も感じます。
憂(うれ)いの表情に色気があるような気がしてなりません。

 

きっと、岡田嘉子さんは息子や孫達にも優しく接していたりして性格も良かったのでしょうね(*^^*)

 

女優ですから、もちろんとても美しいのですが、その表情に「人間味」を感じます。

若い頃のものは、映画や舞台の撮影時の写真(顔画像)かもしれませんが、いつも微笑んでいる写真が多いと思います。

 

岡田嘉子さんと親交のあった人たちは、「いつも笑顔だった」と言われていたそうですから、もしかしたらプライベートの時も、笑顔を絶やさない人だったのかもしれませんね^^

岡田嘉子の現在と若い頃の顔画像(写真)を比較!

岡田嘉子さんの、現在と若い頃の顔画像(写真)を比較してみました。

晩年の写真は1972年に帰国された時期のもので、34年という長い間、異国で生活をしています。

 

それまでの苦労がしのばれますが「苦労を感じさせない穏やかな顔をされている」な、というのが私の第一印象でした(*^^*)

 

おそらく「ソ連に亡命していた」ということを知らなければ、「穏やかな顔で笑っている」という印象しか感じなかったと思います。

 

実は、35年ぶりに帰国した時に、日本のバラエティー番組や映画にも出演されているのです

 

ですのでもしかしたら、顔写真(画像)ではなく、映像で岡田嘉子さんを見たことがある人もいるかもしれませんね^^

 

 

若い頃の顔写真(画像)と比べてみると、若い頃の無邪気さは無くなっているようですが、とても良い年の取り方をしたのかなと感じました。

 

そして、現在のお年を召した顔画像(写真)を見ると、憂いの表情の中にも優しさを感じるような印象を受けますね^^

 

もちろん、岡田嘉子さんは波乱に満ちた生涯でしたから、想像もつかないような苦しいこともつらかったことも経験していたでしょう。

それらの経験を乗り越えた強さから、「優しさ」が滲み出ている印象がありました。

スポンサーリンク


岡田嘉子の子供が気になる!

岡田嘉子さんの、子供についてご紹介します。

新文芸協会に所属していたころに、早稲田大学の学生との間に「男の子」をもうけています。

 

現在は、お孫さんまでいるので、脈々と家系図は受け継がれている状況です。

 

ですが、どのような理由や状況だったのかはわかりませんが、相手の男性との結婚を断り、産まれた息子は自分の弟として「岡田籍」に入っているそうです。

 

この子どもは、岡田嘉子さんのただ一人の息子ですが、弟として岡田嘉子さんのご両親が実際には育てられていました。
岡田嘉子さんは、それらのことを否定されていたようですが><

 

そのため、子供は育ての親である「祖父」が天国に旅立つまでは、岡田嘉子さんが実のお母さんとは知らなかったそうです。

 

お母さんの若い頃の顔画像(写真)や、家族のアルバムとかも見せて貰えなかったのではないでしょうか><
息子さんは、本当に驚かれたでしょうね。

 

岡田嘉子さんのお子様も、現在では成長しご結婚されて娘さんを生んでいます^^

岡田嘉子の孫が気になる!

岡田嘉子さんの孫についてご紹介します。

 

弟として育てられていた「息子さん」は、後年、ご結婚されて「娘さん」が産まれています。
その娘さんが、「孫」にあたるでしょう。

 

戸籍を無視した話になるかもしれませんが、戸籍上は「姪」ですが、実質的には「孫」にあたると言っても良いでしょうね^^

 

そして、お孫さんは、岡田嘉子さんと同じように若い頃から女優としての道を進んでいました。

 

東宝映画に2本出演されていましたが、その後の映画での出演はありません。

 

映画の出演後は、しばらく舞台の方に活動の場を移していたと言われており、その後に引退されそのあとのことはわかっていません。

 

今は一般人として、静かに生活しているのではないでしょうか(*^^*)

岡田嘉子の家族構成をご紹介!

岡田嘉子さんの、家族構成をご紹介します。

正直、亡命したりしていますから若い頃の顔画像(写真)や息子・孫に関しての情報は少ないですね><
なので、わかっている限りになります^^

 

【岡田嘉子さんの家族構成】

・オランダ人の祖父(母方)
・両親
・息子
・孫
・竹内良一(離別)
・滝口新太郎(ソ連亡命後に結婚)

 

岡田嘉子さんに、兄弟がいたかはわかっていません。
ソ連に亡命してから35年後に、日本に里帰りされていますが、亡命中に第二次世界大戦が勃発していることも関係があるのかもしれません。

 

今の時代のように、当時は細かい家族構成はオープンにされていなかった可能性が高いです。
その当時必要なのは、「女優・岡田嘉子」のプロフィールや経歴のみだったのでしょう。

 

ただ、岡田嘉子さんは「恋多き女性」とも言われていました。
結婚した男性は上記の2名ですが、人生のターニングポイントとなった「ソ連への亡命」には、愛人の杉本良吉が関わっています。

 

その愛人の男性とは、「家族」にはなっていません。

 

ソ連亡命後に結婚した、滝口新太郎さんとの間にも子供はいなかったと言われており、弟として育てられた息子さんが、唯一の子供でしょう。

 

 

穏やかな笑顔を浮かべている、岡田嘉子さんの顔写真(画像)からは、想像が難しいですが、とても情熱的な女性で波乱に満ちた生涯だったのでしょうね(*^^*)

岡田嘉子がソ連で活躍した、亡命女優の顔画像(写真)はある?

岡田嘉子さんが、ソ連で活躍した亡命女優の顔画像(写真)はあるのかご紹介します。

 

ソ連に亡命後は「日本語放送のアナウンサー」として活躍されていました。
1967年に、日本のテレビと中継でつながっていた時に、アナウンサーとして登場しているエピソードもあります。

 

「日本から亡命した女優がアナウンサーとしてテレビに映っている!」と当時の人たちは驚いたでしょうね(^^)

 

それと同時に、ソ連で生活していた時も現地の演劇学校に通って、女優としても舞台に立ち活躍していました。

 

若い頃から、女優としての出演作品は、残念ながらあまり現在まで確認できるものは残っていません。

 

運良く私は、生前の映像を見る事ができたのですが「ソビエトに行って演劇を学びたいという思いが強かった」と、語られている岡田嘉子さんがいました。

 

演劇学校に通っていたのは50代のころだそうですが、演劇に対する情熱がとても強かったことがわかりますよね。

そして、ソ連での生活中に俳優の滝口新太郎氏と結婚されています。

 

岡田嘉子さんは、ソ連に亡命女優している時の1956年・1965年に撮影された顔画像(写真)がありました。

 

「木の傍らで微笑んで立っている姿」と「滝口新太郎と一緒に映っている」ものでしたが、若い頃に比べると落ち着いている、穏やかな美しさを感じました(*^^*)

 

特に、滝口新太郎氏と一緒に映っている写真(顔画像)は、楽しそうに笑っているような印象を受けました

 

第二次世界大戦の前に、ソ連に亡命して、たくさんの困難に見舞われたと思いますが、それらを感じさせない穏やかな表情です(^^)

 

岡田嘉子さんは、「いつも笑顔を絶やさない、細やかな心遣いをされる人」と言われていました。

その言葉がぴったり当てはまるように、岡田嘉子さんは「穏やかな笑顔」を浮かべているという印象です(*^^*)

 

【おちょやんの関連記事】

高城百合子(おちょやん)のモデル女優は誰?井川遥の演技力が凄い!

松井須磨子の若い頃の顔画像(写真)!生い立ち~生涯を紹介!美人女優の歌唱力とは?

浪花千栄子の若い頃の顔画像(写真)!死因が凄い?離婚歴があった!【おちょやん】

渋谷天外(2代目)の顔画像(写真)!子供(息子)はいる?若い頃~生涯について!

九重京子の学歴(出身高校・大学)は?本名は渋谷喜久栄!女優作品集が気になる

 

岡田嘉子のまとめ

岡田嘉子さんの顔画像(写真)を見ると、優しい雰囲気の中にも色っぽさがあるなと思いました。

生前「後悔することが嫌い」と、口癖のように言っていたそうで後悔することのない様に一生懸命に生きてきた情熱的な女優さんです。

戦前の混乱の中で、特に共産主義国であるソ連への亡命は「命がけ」だったでしょう。
命をかけてまで、演劇を学びたいという情熱に頭の下がる思いでした。
ただ、残念なのは「時代や状況が悪かった」ことに尽きると思います。

 

家族構成は、オランダ国籍の祖父・両親・2人の夫(旦那)・息子・孫が居たと言われています。
※2人の夫の意味は、最初の夫とは離婚して別れて、別の男性と再婚していますので同時に住んでいたわけではありません

 

彼女の生涯に後悔はなかったのかは、ご本人にしかわかりません。
亡命した時は悔いがあったかもしれませんが、おそらく最期の時は無念の思いは抱いていなかったと思います。

 

彼女の生涯は、本当にドラマそのもののようです。
そんな岡田嘉子さんは「おちょやん」の高城百合子のモデルとも言われていますよね。

 

今後の「おちょやん」の高城百合子というキャラクターがどのような展開を迎えるのか、とても楽しみですね。

 

岡田嘉子の顔画像(写真)!亡命女優の息子・孫が気になる!【おちょやん】

についてまとめてみました。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です